黒ぶろぐ、きゅう

bblog09.exblog.jp

『スーサイド・スクワッド』 余裕のネタバレ。


【チラシ3種付き、映画パンフレット】  スーサイド・スクワッド 監督 デヴィット・エアー

ワーナー

undefined


 DCのヴィラン(悪役)が(強引に)集結、チームとなって大暴れ。
 『スーサイド・スクワッド』。
 監督はデヴィッド・エアー。

 製作発表時から盛大に期待が高まっておりましたが、
 試写の辺りから不穏な評判が流れるよーになり、
 ユーモアが足りないとか、急遽追加撮影が入ったりとか、二つのバージョンが存在するとか、
 「違うよ。ぜんぜん違うよ」と否定のコメントを監督が発表したりとか。
 公開直前には期待と異なるものが盛り上がる始末。

 さて如何に。

 いきなりアニマルズの「朝日のあたる家」が流れるOP。
 矢継ぎ早に個性豊かなキャラクターたちが紹介されて、ガンッとテンションが上がる。
 ストーンズやCCRまで流れて、楽曲がストーリーを橋渡ししてゆく。
 これわもしや!
 と、高揚しつつスクリーンを見守ること、約一時間。。。
 クライマックスへ向かう展開と反比例するかのよーに、テンションが確実に萎んでゆく。

 ああー…、
 こーゆーコトか。。。

 賛否わかれる騒動の理由を実感しました。
 喩えるなら、
 美味しい駄菓子みたいな、そんな映画。お腹は満腹にならない。

 まず、シナリオとゆーか語り口が巧くない。
 情報が重複したりシーンが繰り返されたり、
 先が見える展開を丁寧に描写したりと、
 ストーリーが進むにつれて、前半のテンポの良さがウソみたいにもたつき始める。

 救出するVIPが「あのヒト」だったとゆーサプライズが、まったく演出できてない。
 隠した理由も明確にされないし。

 ビルの屋上でヘリが来るまで座って待ってるって、どんだけ緊張感が無いのか。
 キャラを止めちゃダメ。

 途中、バーに寄って会話するシーンも唐突で。
 作戦進行中なのに、急にスナック「ハーレイ・クイン」を開店させるな。
 古傷を見せ合うのはまだいいとして、
 こっから急激にキャラがブレ出すのは、キツい。
 世界を救うとか、いいコトしよーと考えさせたら、ダメだろコイツらに。

 「世界が終わるの!? ロマンチックね!」、ぐらいハーレイに言わせないと。

 ブーメランも帰ってくんじゃねーよ!

 ココは、正しさとか同情ではなく、悪党としての理屈で動かさないと。
 世界が滅びるのは構わないけど自分以外の誰かにやられるのは許せない、とかとか。

 アイデンティティの話ですよ。
 その上での、
 彼らなりの歪んだ愛情ではないの?

 ディアブロの家族とのエピソードも、
 しっかり過去シーン入れてるわりに描写が中途半端で。
 そりゃハーレイにツッコまれるわ。
 残虐シーンを入れろとゆーわけではなくて。
 「自分が犯した犯罪の復讐に家族が巻き込まれた」、で、ええのに?
 どーして気の毒キャラにして、感情を安く描いてしまふのか。

 敵の襲撃を回避しながら、やっと一息つけた場所がホテルかどっかのバーで。
 これからどーする? 逃げるか?
 みたいな会話の流れのなかで、
 過去の話や状況の説明やらすれば、緊迫感も説得力も損なわなかったんじゃないのかな。
 目的のブレが、全体の根幹まで振動させている。

 魔女が裏切る展開は、まあいいとして。
 コイツにも爆弾打っとけば済んだ話だったな、とか、
 弟は呼べば来るのか便利だな、とか、まあいいとして。
 裏切るシークエンスは、もう少し時間を割いてもよかったんじゃないかな。ラスボスなんだし。

 地下なの? 外なの?
 水を潜る以外にそこへは行けないの?
 とゆー状況の基本的な部分もごっそり省くし。
 テンポが鈍る後半は、そんなアンバランスな面ばかり際立つ。

 意地悪な言い方になるけど、
 (製作の)ザック・スナイダーの悪いトコと、
 デヴィッド・エアーの苦手なトコばかりが集まった映画になってるよーな気がするのですよ。事情はさておき。


 ウィル・スミスは、悪くないとおもいます。
 デッドショットってキャラが引っ張らないと、どーにもまとまらないチームだし、ストーリーが進まん。
 つか、明らかに要らないヒトが何名かいる方が問題で。
 それを言い出すと、
 デッドショットとディアブロだけで九割片が付く任務なんだけどー、
 とは、作品の全否定になるので云いません。

 そのディアブロは予想外な活躍で、あんなにハードな能力持ちだとはおもわなんだ。
 只、
 消し炭になって爆発したって死に様は、ちょっと呆気なかった。
 重要な役回りだったのに。

 ハーレイ・クインのマーゴット・ロビーは評判通りの好演で。
 廃液タンクでのシーンは、名シーンだとおもいますよ。
 ハーレイが飛び込むと赤と青の色が溶けて浮かび上がり、
 ジョーカーが助けに入ると、二色は混じり合い、紫となる。

 廃液がカフェオレみたいに見えるのは、
 おそらく、ハーレイの※脳内イメージだろう。たぶん。

 んで、
 個人的に最高だったのは、ジョーカー。
 ストーリー的にはハーレイを連れ出すのに失敗するだけなので、何も活躍しないんだけど。
 話が通じないヤバいヤツ感が、恐ろしくてステキ。
 (エピローグのシーンで、
  胸にちゃんと「joker」ってペイントしてあるのが、カワイイ。)

 とゆー具合に、
 なんやかんや不満はありながらも、楽しめたことは否定しません。
 キャラ造形はみんな良い。
 アマンダ・ウォラーの悪玉な感じとかも。
 (爆弾は心拍とも連動してて。
  「私が死んでも爆発するわよ」ぐらいのお約束はほしかったが。)


 新作が発表される度に妙な不安ばかり残すDCユニバースですが、
 徐々に、
 徐々に、
 徐々に、独自のチャームポイントが見えてきてる気もするので、、、頑張ってくださいw



 最後に、
 コレこそエドガー・ライトに監督してほしかった!
 と、
 ココロの叫びを。


[PR]
# by y.k-ybf | 2016-09-16 22:15 | 映画 | Trackback | Comments(0)

映画のまとめ 『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』 とか、六本。


オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分 [DVD]

トム・ハーディ,ルース・ウィルソン,オリヴィア・コールマン,アンドリュー・スコット,ベン・ダニエルズ/アルバトロス

undefined


 トム・ハーディの、(ほぼ)一人による会話劇。

 ハイウェイをそれなりの高級車でブーンと飛ばしながら、
 電話で仕事や家庭やプライベートの会話を続けて、ある目的地へ向かいます。

 トム・ハーディの演技力頼り…とゆーか、
 彼個人の魅力で成立させた作品のよーな気がします。
 そもそも比べよーもないし。
 何処にでもいるタイプではないのに、何処にでもすっぽり収まるのが、彼の特異な点だとおもふが、
 そーゆー意味でも、彼の魅力が堪能できる一作と云えるでしょう。

 コレね、
 「帰り道」バージョンも観てみたい。
 破滅を前提で語られるコトが多いけど、
 もう一丁、山場があるんじゃね? と、わたくしはおもふのだが。


要塞警察 スペシャル・エディション [DVD]

オースティン・ストーカー,ダーウィン・ジョストン,ローリー・ジマー,マーティン・ウェスト/TCエンタテインメント

undefined


 ジョン・カーペンター監督、76年公開。

 近未来、
 強大な権力で街を支配する警察組織へ、遂にレジスタンスが立ち上がる。
 要塞と化した警察署をぶっ潰せ!


 とゆーストーリーではなく、
 ならず者集団に包囲されて襲撃を受ける、移転間際の旧警察署での壮絶な一夜を描いております。
 なので正確には、「籠城警察」ですな。

 西部劇の影響を色濃く残しており、その意図もよく判る。
 アクション、或いは犯罪映画とも明らかにニュアンスが違う。
 全体を覆うダウナーな空気感と、
 追い詰められる緊張感が共存する作品バランスは、「七十年代」とゆー言葉以外に例えるのが難しい。
 襲撃する側の空虚な造形は、むしろホラーに近い気もする。


 脅迫電話で事件に巻き込まれてゆく、サスペンス。
 ハル・ベリー主演の『ザ・コール』を連想させますが、
 当然ストーリーはまったく違うので、安心してください。B級です。

 真犯人の狙いと要求はなんとなく理解できたけど、
 犯行の一つ一つがキレイに巧く行き過ぎで、だんだんと興味が薄れてゆく。
 製作費って、
 こーゆー説得力の裏付けに使うべきなのだなー。

 オペレーターも意外とやれることが多いし、勘も鋭いので、
 さっさと解決しろや、とゆー気分になります。


奇跡の2000マイル [DVD]

ミア・ワシコウスカ,アダム・ドライバー/ポニーキャニオン

undefined


 ロビン・デヴィットソンとゆー女性冒険家の著作が原作。
 オーストラリアを徒歩で横断する、お話。

 困り笑顔が特徴的なミア・ワシコウスカが主演で、
 砂漠の厳しい環境にたった独りで挑む女性を、全裸で熱演しております。
 が、
 この主人公の女性とゆーのがなかなかの偏屈な変わり者で、他者を異常なほど拒絶する。
 困った顔で。

 その心理が「砂漠」を表現してるとしたら、フツーに都会で暮らしてても同じじゃね?
 とさえおもえてくる反面、
 判るわー! と、ドハマリするヒトもいるのでしょーな。
 とゆーのも、
 そもそもこの冒険が、
 現代社会を拒絶した「自死」の側面を含んでいるからだとおもふ。


リアリティー [DVD]

アニエッロ・アレーナ,ロシダーナ・シミオーリ,ナンド・パオーネ,ラファエレ・フェランテ,クラウディア・ジェリーニ/東宝

undefined


 タイトルの「リアリティー」とは、
 テレビの「リアリティー・ショー」番組のコトを指しておりますが。
 同時に、そんな番組に人生を振り回される「リアル」な姿のコトでもある。
 そんな映画。

 番組のオーディションに受かればいいな。。。
 受かったかもな。。。
 受かっただろ。。。
 受かったよ?
 受かってるのに。。。
 受かっていた、はず…。。。
 と、
 アットホームだった家族が、次第に狂気へ引き摺り込まれる。
 メディアの無責任な影響力だけではなく、
 ニンゲンの飽くなき名声への欲望が描かれております。

 のダガー、
 結末がちょっと不満とゆーか、
 そこまでやるなら、更にその先まで描かないと締まらないんじゃないかな、このストーリーわ。


 タイトルがアレっぽいので、
 スーパーカーの公道レース系かなと期待して観たら、少し違った。
 原題は『Channeling』。
 コンタクト型のカメラを目に装着して、独自の実況プログラムをリアルタイムで配信。
 高額のスポンサー料を稼ぐため、あの手この手とプログラムが作られて…。
 とゆー、
 若干SFなストーリーで吃驚。
 やってることはニコ生主と同じですが。

 一応、
 主人公の弟が「高級車を盗んで逃げ切る」プログラムを実行してるヒトで、
 その場面はアレっぽいのですが、ストーリーの主軸は別にあって。
 配信チャンネルの裏側に隠された企みとわ?
 みたいなサスペンスになります。

 つか、勿体無い。
 このコンタクト型カメラの主観映像ってのがなかなか面白く、
 ちゃんと「大人用オムツ」とか変な広告が入ったり、突然アップデートが始まったりして。
 如何にもそれっぽい。

 自分を切り売りして拍手を貰って、
 アイデンティティを支えよーと苦悩する姿などは、モロに現代の問題であろう。
 と、何気に風刺も含んだ映画でした。

 アレではない。


[PR]
# by y.k-ybf | 2016-09-07 11:31 | 映画 | Trackback | Comments(0)

実写じゃなくてアニメの方だよ。「進撃の巨人」、劇場版、前後編。







 原作も読んでるし、アニメも一応、観ているので、
 「ああ、総集編かぁ…」とゆー感想以外は、
 よく動いてるなー、とか、
 ミカサおもろいなー、とか、そんぐらい。

 新作カットもあるよーですが、
 元々クオリティが高いアニメなので、よく判りませんでした。

 おしまい。


[PR]
# by y.k-ybf | 2016-09-07 11:00 | 映画 | Trackback | Comments(0)

テリー・ギリアムの映画、二本。0と12。


ゼロの未来 [DVD]

クリストフ・ヴァルツ,デヴィッド・シューリス,メラニー・ティエリー,ルーカス・ヘッジズ/Happinet(SB)(D)

undefined


 現実(リアル)と非現実(アンリアル)が反転した、インターネットの世界を具現化したのかな?
 と思いながら、観ました。
 「我々」とは、「名無し」みたいな意味かな、とか。
 『未来世紀ブラジル』とも通じる感覚とゆーか、
 あちらは巨大な社会全体をテーマにしているのに対して、
 本作は個人的な部屋っつーか、
 マンガ喫茶のブース或いは机一つの世界の話、みたいな気がしましたよ。

 さて、正解わ?


 テーマの意図が分かり難くい以前に、映画そのものになかなかノリ切れず、何度も寝落ちしてしまった。
 巻き戻してストーリーはちゃんと追えたけど、
 結局テンションも上がらず、ハマるものもハマらない感じに。
 これは映画が悪いわけでは当然なく、わたくしが作品を掴み損ねただけだろう。
 ラストシーンの切なさにはぐっときたけども。

 幻だからと、否定する必要はなく、
 どんな形にしろ、隣人は愛すべきなのだと、わたくしはおもいますよ。
 そばにいるヒトを。


12モンキーズ [DVD]

ブルース・ウィリス,ブラッド・ピット,マデリーン・ストウ/松竹ホームビデオ

undefined


 95年公開の映画なので、ネタバレ含みで話を進めますが。
 この結末。
 飛行機の、あの男の隣に座る女性は現在の「彼女」で、
 偶然そこに居合わせたのか、皮肉だなあ。。。
 とおもたのだが、どーやら違うみたいで。
 あの「女性」はタイムスリップしてきた「彼女」で、
 感染は防げなくても抗体は入手出来たので、治療は可能になった。
 めでたしめでたし。
 とゆー意味らしい。納得納得。

 しかし。
 「12モンキーズ」や「タイムスリップ」と云ったミスリードの存在が、
 ストーリー上、かなり大きく占めているので、手掛かりが見え難い点も。

 ブルース・ウィリスもブラッド・ピットも妙に若々しく、
 エネルギッシュな演技がややスベり気味なのは、気のせいでしょうが。
 只、
 世間で認知されてるよーな鬱エンドではないですよ。コレ。


[PR]
# by y.k-ybf | 2016-09-07 10:50 | 映画 | Trackback | Comments(0)

『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間』、他一本。


【チラシ2種付映画パンフレット】 『劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂とゴースト運命の瞬間/劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキ サーカス パニック!』 出演:西銘駿.中尾暢樹

東映

undefined


 夏の映画は「ジュウオウジャー」と同時上映。
 時期的にTVシリーズも終盤なので、単独映画としては初と同時に、(とりあえず)最終作となります。
 が。
 まず、わたくしが「ゴースト」のシリーズを追い切れていないので、
 いつにも増してざっくりな感想になってしまいました。
 いつもの「ゴースト」だな、と。

 そもそも「ゴースト」とゆー作品が、
 二転三転するストーリーや設定はいいとしても、どーにも煮え切らない達成感の薄い展開が続く作品で。
 それを象徴するよーな映画でした。
 スイマセン、えらそーに。

 異世界モノとゆーのは、
 そのルール(設定)を如何に納得させて伝えるかが肝だとおもふのですが、
 「ゴースト」はそこを上手くクリア出来てないんじゃないかなー、ってのが第一話から続く不満でもあって。
 それがシリーズで積み重なった上での、映画オリジナル設定だからな。
 アランのもう一人のお兄ちゃんとか登場するから、ビックリですよ。
 (鑑賞後、一緒に観た友人に教えてもらうまで、理解出来ませんでした。)
 消化できんわ。


 さて、恒例の新ライダー御披露目ですが、次の「エグゼイド」。
 かなり急角度なインパクトに戸惑いを拭えませんが、
 動いた姿を観れば…、、、
 それでもまだ慣れないかな?w
 しかし奇抜なライダーほど面白かったり、名作になったりするケースも多いので、
 これはコレで楽しみにしております。


[PR]
# by y.k-ybf | 2016-09-07 10:37 | 映画 | Trackback | Comments(0)