めざましテレビでは断じてありません。『グッドモーニングショー』


グッドモーニングショー Blu-ray豪華版

中井貴一,長澤まさみ,志田未来,時任三郎/東宝

undefined


 昨年公開された君塚良一監督作のコメディで、
 当時、
 この恐ろしく時代錯誤な作品を、誰が映画館で観たがるのだろーか?
 と、背筋が凍るほど疑問に感じたものでした。

 それが先日WOWOWで放送されたので、
 恐いもの見たさもあって観たのですが、意外と面白かったのです。
 ストーリー運びはさすがに巧いし、番組制作の裏側を映すツボの押さえ方も良い。
 キャストも豪華で、人物配置も抜かりない。
 伏線もしっかり回収している。

 しかし、劇中の問題は何も解決されていない。
 「ワイドショーは一回の放送だけで消える。それがいい」とか満足してるけど、
 ライフル銃を持って立ちこもった犯人へのフォローもなく、小ネタの不倫疑惑すら曖昧なままだ。

 指摘したい部分は山ほどあるけど、
 例えば、番組アンケートの件。

 途中、
 自ら命を絶とうとする犯人に対して、女性キャスターが番組アンケートを提案。
 「死んでよしor死んでほしくない」で視聴者投票が開始され、
 なんと結果は、「死んでよし」。
 これではダメだとプロデューサーが集計を改竄し、「死んでほしくない」が多数だと発表する。

 自分で説明しながらゾワゾワしたけど、ホントにこのまんまやるからな。美談っぽく。
 これさ、
 笑えないし、すげー気分悪いよ。
 投票させるのも、結果がコレなのも、改竄するのも、全部ダメでしょ。
 大衆をバカにしてるとまでは思わないけど、ココで「死んでよし」はない。流れ的にも尖り過ぎ。
 せめて、
 投票結果が「死んでほしくない」と出ても、
 「どーせ局が操作したんだろ、バカにしやがって!」と犯人が逆上する方がまだ自然。
 つーかさ、
 そんな番組アンケートが信頼されているとでも思ってる神経を疑うけどな。

 んでもう一つ、手紙の件。

 立てこもり事件の犯人は、その立てこもったパン屋さんの従業員で。
 店長からハラスメント級の厳しい扱いを受けた上、ボヤ騒ぎの犯人にまでされてしまった。
 その内情を誰かに知ってほしくて、
 主人公であるキャスターの中井貴一へ手紙を渡そうとするも、失敗。
 最期の手段とばかりに、
 店長を撃ち殺そーと店へ向かうも既に辞めており、立ちこもりとゆー形になった。
 (中井貴一に手紙を渡そーとしたのは、
  恐らくお店とテレビ局が近いからで、それ以上の意味は偶然みたいなものだろう)
 事件現場では当然、説得とゆー展開になるのだが、
 中井貴一が、
 まあ他人の話を聞かないし、黙るんだよな。
 キャスターな・の・に。
 「過去のトラウマ」が原因らしいけど、
 それまでは普通にベラベラ喋ってるから、単に都合が悪くなると黙るヒト、にしか見えない。
 トラウマが解消されるよーな描写もないし。
 他人とゆーか犯人の話をろくに聞かないし、聞かないから会話が噛み合わないし、
 「君はそー言うけど、みんな大変なんだ」とか、
 「親や家族が悲しむぞ」とか、
 何も知らないくせに責任を転嫁させるすげー適当なことばかり捲くし立てて、
 結局説得ではなく、(アンケート結果に)油断した犯人は警察に取り押さえられる。

 説得はキャスターの見せ場じゃないのか!?

 そんでこの逮捕のドサクサに紛れて、中井貴一は手紙をゲットするわけなんだけど。
 まあお判りですよね?

 事件翌日、
 早朝の番組の冒頭で中井貴一は騒動の謝罪をすると共に、
 犯人から「預けられるはずだった」手紙を読み上げて、
 事件の真相となる犯人の心情、
 そして多くの若者が影ながら苦心している労働問題の現状を伝えつつ、
 テレビとはこのよーな役割や手助けもできるメディアではないでしょうか。
 ワイドショーも微力ながら、そんな存在でありたいと思っています。
 的なメッセージからのエンディング、、、

 になると思うじゃろ? 思うべ?

 でも実際は、手紙なんか封も切らずにポイッとスタッフへ渡すだけ。
 正確には、スタッフに渡しておいてと預けるだけ。

 正解は、読まない!
 銃を向けられて死ぬかもしれない想いをしたのに、
 その手紙は読まない!!
 (勿論、観客にも手紙の内容は判らない。何故なら、読まないから)

 実際のエンディングはどーなるかってーと、
 ヘトヘトになって中井貴一が帰宅すると、
 不倫を知って怒った妻の吉田羊が、テーブルやイスでバリケードを作って待っていた。
 とゆー、オチ。
 仕方ないわねー、ぐらいの会話で崩されるバリケード。

 二人を妨げる垣根は無くなった、とでも云うのだろうか…(ほん呪風に)

 君塚良一の歪んだ思想が作品に滲み出ているとか、大衆蔑視だとかまでは思わないけど、
 この映画って、
 結局敵味方関係なく、全方位にケンカを売って敵を増やしてるだけじゃないかなー、とは思ったよ。
 誰も喜べない映画。

 キラーワードは、
 事件解決後に解放された人質の女の子に、中井貴一が言った言葉。
 「また明日もパン買いに来てくれるよね?」

 サイコパスかオマエわ。
 つか、明日営業できるわけねーだろ!

 そもそも、人質がいるのに隠しカメラを付けるって発想がアウトなんだけど、
 キリがないのでこの辺にしておきます。


 因みに、
 犯人が使用していたライフル銃のトリガーに見覚えあるなー思ったら、
 やはり「ターミネーター2」で使用されたあの銃をカットしたヤツみたい。

 日本の何処へ行けばパン屋の従業員があのライフルを入手できるのか。
 詳しく教えてもらいたいものだ。


[PR]
# by y.k-ybf | 2017-09-06 20:17 | 映画 | Comments(0)

『スパイダーマン:ホームカミング』 ※ネタバレ有るよ。


 こーも短期間でリブートされるのは些か不安でもある、「スパイダーマン」。

 全ては杞憂でありました。

 今回のリブートが特殊な点は、
 二つの前シリーズがそこまで古びていないのを逆手に利用してる点と、
 MCUの「シビル・ウォー」でイントロダクションを済ませている点。
 この二つの点によって作品の方向性は限定されると共に明確となり、
 また例がないほどスピーディーに物語は展開される。

 ピーターは(実写映画化の中では)最も年齢の低い高校生となり、
 自身の正義感とスーパーパワーを持て余しながら、
 次第に「正義」の難しさと、力(パワー)を持つ責任について体験し、学んでゆく。

 MCUとゆー映画独自の「スパイダーマン」誕生を描く物語は、
 同時に、
 スーパーヒーローとわ?
 スパイダーマンとわ?
 とゆーオリジン(原作)へ立ち返る物語でもあるのだ。
 (そして結末ではその見事な回答まで示される!)

 と、
 珍しくまとまったので終わりにしたいトコロですが、まだ話足りないので続けます。

 クイーンズとゆー都会ではない街が舞台なのも効果的で、
 高層ビル群がない場所ではこんなコトになるのかと、たいへん新鮮な気分で楽しめました。

 ハイスクールの描写も面白いコばかりで、
 ネッドはいいキャラだし(「シビル・ウォー」の後で一緒に「スターウォーズ」観たのかな)、
 あのコがあのキャラになるのも驚いたし、
 イジメられる側だったインド系の子がイジメる側に回ってるのも時代の流れを感じたよ。

 トニー・スターク/アイアンマンの出番は意外と少なかったけど、
 ラストの唐突な展開が、トニーらしくて素敵。
 「彼(キャップ)が手を抜いてくれたからだ」って台詞にも、ぐっときましたよ。
 ピーターと関わることで、トニーの心境も変化しているのだろーな。

 後半、
 トニーが作ったスーツではなく、
 自作のスーツでバルチャーに挑むのも、テーマを象徴した秀逸な演出だと思う。

 今回の敵、
 マイケル・キートン演じるバルチャーは、カッコ良すぎ!
 んで予想より遥かに強敵だった。
 家族を守るため、強大な力を利用するのは、
 ある意味、ネガティブなピーターのよーにも思える。

 車内での脅迫シーンは、
 さすがマイケル・キートンとゆー迫力でした。
 やはり舞台で自分の鼻を銃で撃ち抜いたヒトは違うな!


 いい加減ホメ殺しみたいになってきたので終わりにしますが、
 三回目の仕切り直しなのに、
 ここまでフレッシュな気持ちで楽しめる作品にしてくれるとは、想定外でした。


 これは親愛なるヒーローの、新たな誕生物語である。


 (あ、ワシントン記念塔って只のモニュメントじゃなくて、あんなに大きな建物だったのね)


[PR]
# by y.k-ybf | 2017-09-02 20:43 | 映画 | Comments(0)

『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』、他一本。


【チラシ2種付映画パンフレット】 『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング/宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』 出演:飯島寛騎.岐洲匠

東映

undefined


 タイトルにもあるよーに、トゥルーなエンディング。
 本当の最期であります。

 順番的にはテレビシリーズの後日談的な扱いで、
 バレがあるぞ!
 との噂に恐々としておりましたが、
 8月21日に観た時点では、ショック死するほどのネタバレは感じませんでした。

 全員○○○○って部分かな?

 シリーズ本編だけではなく、
 冬と春の映画も比較的巧くいってる、「エグゼイド」。
 今回も世界観を崩すことなく、きっちりまとめてきました。素晴らしい。

 敵となる仮面ライダー風魔の目的が、
 医療系ドラマとしては避けられない問題を抱えている点も良い。
 子供の願い、父親の想いとゆーこのテーマは、もっと掘り下げてもよかったぐらいだ。
 そして先日、
 TVシリーズも最終回を迎えた。

 レベル1が攻略の鍵になる、とか、
 OPの映像、第一話のシーンが再現される、とか、
 じつに「判ってる」クライマックスで、シリーズの完成度を証明するよーな結末でありました。
 バグスターを生命体の一つと認める解釈はとても現代的で、
 ココに人工知能やロボットの意味合いを嵌め込むのは容易だけど、
 寧ろゲームに対する世代間の認識の違いが含まれているよーな気もする。
 とても冷静で、自然に。

 一方、ゲーム病で消滅した人々は、甦らなかった。
 コレこそ英断だったと思う。
 このファミリー向けジャンルのドラマならば、
 甦らせても誰も文句は云わないだろーし、受け入れてもくれるだろう。
 しかしシナリオは医療ドラマの嘘ではなく、「甦らない」展開を選択した。
 今回の映画の結末と合わせて、
 この軸のブレなさこそが「エグゼイド」とゆー作品の強みであり、物語の魅力だったのではないだろーか。


[PR]
# by y.k-ybf | 2017-09-02 20:30 | 映画 | Comments(0)

【長い】『トランスフォーマー/最後の騎士王』【長い】


【チラシ2種付映画パンフレット】 『トランスフォーマー/最後の騎士王』 監督:マイケル・ベイ.出演:マーク・ウォールバーグ

東和ピクチャーズ

undefined


 長い。
 タイトルから数えて既に三回「長い」と云いたくなるほど、長い(五回目)。
 長い=詰まらないわけではないので、そこに言及はしないけど、
 問題は長さを解消する気がまったくないってトコだと思うな。
 長さよりも、全体のテンポが最悪に最悪だ。
 演出とゆー概念を忘れたかのよーに、
 丁寧に丁寧に間を置きながら、終始だらーーーっと時間が進む。
 そして一段落つく度に、
 ピンポンポロン♪と黄昏シーンが鬼の如く挿入される。
 鬼挿入。
 表情やリアクション、セリフで説明した上での黄昏シーンは、
 最早、スパルタ。
 「深読みなんかするんじゃねえ!」と、ベイがマウントポジションで殴りつけてきます。

 もう一つの問題は、ストーリー。
 その問題は前回で解決しなかったっけ? って前回も云った気がする気がするテンプレ化してる展開と、
 愛情もなく破壊され、殺されるロボットたち。
 それが味だってのも、楽しむポイントが他にあるのも判っているけど、その相殺バランスが悪い。
 さすがに今回は味付け失敗したんじゃないかなー。
 (それと、ウォールバーグの長髪な)

 ベイが撮りたいモノと、
 観客が観たいモノとのズレが大きく開いたよーで、これからのシリーズに不安を感じる。
 が、
 じつはコレって、
 自宅でメシでも食べながらワイワイ観るとめっちゃ楽しいのではないか、とも思う。
 ベイの狙いは確実にそっち(配信?)へ傾いているんじゃないのかな。

 とゆーフォローで、如何であろうか。

 吹替版で観たんだけど、
 もしかすると、この吹替がよくなかったのかもなー…。


[PR]
# by y.k-ybf | 2017-08-28 10:37 | 映画 | Comments(0)

フジ・ロック・フェスティバル'17


FUJIROCK 2017 会場限定 ファブリックベア ブルー

amuse

undefined


 7月29日土曜日、今年も無事フジロックへ行き、帰ってきました。

 会場駅に着くなり小雨が降っており、早速カッパ装着。
 この段階で雨支度するのは珍しい。
 結局、一時は止んだりしたものの、ほぼ一日小雨状態。小雨地獄。
 ジーパンも財布まで滲みて、お札がビチョビチョに。

 さて。
 一発目は恒例のグリーンでオープニングを見てからの、サンボマスター。
 十年ぶりのフジロックだそーで、確かその十年前も見た。
 相変わらずテンション高い演奏に、ワイルドさが加味されていた。
 オザケンの歌詞を挿みつつ、
 「ライブハウス・グリーンステージへようこそ!」と絶叫する。

 次はPUNPEEを観るため、ホワイトへ移動。
 そしたらグリーンからホワイトへの、あの凸凹道がキレイに舗装されて、じつに快適。
 移動時間も約八分(測定)とだいぶ短縮できましたが、逆にキレイ過ぎて滑りそう。

 ムニャムニャしながらPUNPEEを観た後は、
 グリーンへ戻り、
 Coccoをモニター最前列で観る。
 ベスト盤的な選曲と、ソリッドで安定した演奏には、
 彼女独特な音楽性が表現されており、圧倒されました。

 続いてアトミック・カフェにて、
 エセタイマーズなるものが出演するので覗きに行きましたが、コレが大失敗。
 つまらん。
 「エセ」レベルにすら達しておらず、大不満足。
 まだオリジナルのタイマーズのCDを爆音で掛けてくれた方が有り難かったわ。
 後で調べてけっこーなメンツだと判りましたが、
 コレは、タイマーズじゃないよ。
 言ってるコトは立派でも、刺さるモノが何もない。

 とゆー事態に気力が激落してしまったので、予定変更。
 体力を温存するためホワイトに残り、
 DEATH GRIPSを見ながら次の小沢健二を待つ。

 そしたらこのDEATH GRIPSがたいへん面白く、堪能できました。
 ボーカル、アナログシンセ、ドラムとゆー3ピースの、
 まるでジャムセッションのよーな演奏と刺激的な音楽性に、ステージも盛り上がり、熱気に包まれましたよ。
 すげー蒸気。

 そしていよいよ個人的に今年メインな、小沢健二。
 待ってる間、酔っ払った若者に絡まれたりw、
 案の定、
 入場規制が掛かってぎゅうぎゅう詰めな会場はフェンスが壊れたり、
 将棋倒し気味な混雑になったりとハプニングもありましたが、
 一曲目の「ブギーバッグ」からスチャダラパーも登場し、大いに盛り上がりました。
 更に、スクリーンには全曲歌詞が映されたこともあって、雨も忘れて大合唱ですよ。
 ホント申し訳ないぐらい歌いまくってしまいました。(周りも全員歌っていたので…)
 演奏はアコースティックに近いバンド編成で、シンプル。
 新曲も何曲か演奏しましたが、
 まー兎に角、歌の魅力(パワー)としか言い様のないグルーヴ空間で、
 単純なカラオケ大会にはさせない、小沢健二のコントロールも鮮やかでした。
 唯一の不満は、曲数の問題と短さかな。

 小沢健二のステージが終わり、グリーンへ戻ろうとすると、
 くるりが出演しているヘブン側も入場規制が掛かっているとアナウンスがありました。
 オザケン難民が向かった可能性も大きいですが、
 同時に二つのステージが規制されるのはこれまた珍しいコトです。

 無事グリーンへ戻ると、丁度エイフェックス・ツインが姿も見せずに大暴れしておりました。
 苗場の森へ乱射される緑のレーザービームの洪水は、
 雨や蒸気さえも、
 グリーン・ステージ丸ごと全て侵食されたよーな感覚でした。

 例年の如く、レッドをキャンプ地(野宿)とする我々は、
 ムニャムニャしながらMONDO GROSSOのシャレオツ(死)な演奏を聴いておりましたら、一際大きな歓声が。
 ステージを見ると白いドレスを着たキレイな女子が、くるくると踊って歌っておりました。
 (※満島ひかりでした)
 birdっぽいヒト(※本人です)も登場したりと、
 こちらも深夜の時間帯とは思えぬ盛り上がりで、貴重な体験でした。
 レッドと云えば、
 今年は天井にズラッとLEDの照明が設置されて、
 コレが予想外にウニウニ動くものだから、皆さん驚いておりましたよ。キレイ。

 その後はいつもならGOOD SLEEP TIME(爆睡)に突入するのですが、
 思いの外に元気だったので、
 クリスタル・パレスまで一人でT字路sを見に行きました。
 けっこーヒトが多くてビックリです。

 それから三時過ぎると、レッドでは石野卓球のDJが始まり、ピエール瀧が遊びに来ておりました。
 (TMの「GetWeld」も回してた)

 卓球のDJが終わると共に、本日のフジロックが終了。
 今年はほぼ一日中小雨に降られましたが、量的にはいろいろ見られたので、十分満足。


 苗場食堂のとろろめしも、やっと初めて食べられましたし。
 音楽以外で驚いたのは、
 ホワイトへの道の舗装と、レッドのLED。それと各屋台に設置された電子マネーな。
 そんなトコかよと思うでしょーが、
 苗場の山ん中の屋台でピッと会計を済ます光景は、ちとショックでしたよ。
 財布等も最小限で済むし、お店はお釣りの心配も解消されるしなー。
 来てるな、未来!

 あ、あとね、
 毎年使用してるデカいバッグがあるんだけど、
 その担ぐヒモを短く調整したら、劇的に持ちやすくなりました。快適快適。
 初めてフジロックに参加した時から使ってるので、気付くまで二十年以上掛かったよ。
 着たな、未来!!

 とゆー、フジロックでした。
 来年も行ければいいな。


[PR]
# by y.k-ybf | 2017-08-24 23:16 | 音盤 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧