2017年、ベスト&ファニー映画。(ファニー)


 ファニーとは、出来は悪いけど憎めない映画。
 怒りの要素が薄いのでワーストとは若干異なる。

 なので、
 『グッドモーニングショーは省きました。
 アレは気付かせないよーにしてるのが、悪意に感じました。

 『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬも好みの問題で、ハマれば楽しめると思います。

 とゆーわけで、
 順位無しの五本を選択。


ダブル・チェイス
ゴースト・シャーク
寄生体X


次点が、
のぞきめ
X-ミッション



 『ダブル・チェイス』は、
 ドが外れた出来の悪さにだいぶ悩みましたが、
 圧倒的なインパクトの強さで、ランクイン。
 可愛げはありませんが、トップクラスです。


 『NINJA THE MONSTER』
 『モンスターズ/地球外生命体』のパクリとの意見もありましたが、
 そんな上等なモノではありません。絶対に
 ディーン・フジオカは何も悪くないんだけど、
 コレを観ると一発で評価は下がるし、半笑いでしか見れなくなるので注意が必要です。


 『ジュピター20XX』
 感想でスルーした食料事情とは、
 「循環洗浄させた排泄物に味をつけたモノ」で。
 未だに信じがたい設定であります。

 映画自体よりも、ストーリーや設定の荒々しさで選びました。
 木星には、着きません。


 『ゴースト・シャーク』
 『シン・ジョーズと迷いましたが、
 どっちでも大差はないし、
 両方入れると本当に頭がアレなヒトだと間違われそうなので、ゴーストだけにしました。

 心霊現象の元凶をダイナマイトで吹っ飛ばす。
 そんな発想を目の当たりにすると、
 世の中から戦争は無くならないんだろーな、とゆー気になります。

 ランクインした理由は、海の汚さです。


 『寄生体X』
 どんな映画だったっけ?
 と思い返す度、
 出来のヒドさが甦り、またすぐ忘れてしまう。
 この印象の薄さがポイント。


 次点の『のぞきめ』は、
 そこまでヒドくはなくて、ちゃんとJホラーの怖さは表現していると思う。
 只々、
 主演の板野友美とゆー存在を制御できず、自滅してしまった。


 『X-ミッション』は、
 途中から、
 何云ってんだオメー? みたいになっちゃったから。
 悪い意味での、青汁のコマーシャル


 以上です。
 お疲れ様でした。

スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by y.k-ybf | 2018-01-12 21:44 | 映画/100 | Comments(0)

2017年、ベスト&ファニー映画。(旧作)


 旧作とは、新作ではないモノ。
 そんなベスト10を選んでみましたが、
 グッドフェローズアニー・ホール
 ワイルド・アット・ハートズートピアなんかは面白かったけど外しました。
 わざわざココで選ぶ必要もないよーな気がして。

 その上での十本、順位になりますが、
 今回はベスト5ぐらいの気分で選んだので、そんな感じで見ていただけると助かります。


①『インヒアレント・ヴァイス
②『ロブスター
③『ゾンビワールドへようこそ
④『君の名は。
⑤『SPY/スパイ
⑥『帰ってきたヒトラー
⑦『バッドガイ 反抗期の中年男
⑧『イット・フォローズ
⑨『DOPE/ドープ!!
⑩『ナイト・チェイサー



 こちらも特に云い足すこともないんですが、
 ③『ゾンビワールドへようこそ』は、
 今風に例えるなら、ゾンビ版『IT』か。

 ④『君の名は。』
 もっと上位でも構わないのですが、
 音楽に飽きた瞬間、評価が急落する危険性も感じます。
 そーゆー作品だと思い、楽しみました。

 ⑤『SPY/スパイ』
 単純に楽しめたし、最高のステイサムが観られたので。

 ⑦『バッドガイ』はしぶとく残った。
 父と息子の物語であり、
 失いかけた「友情」を(少し歪な形で)取り戻すお話。
 こーゆーシンプルに救われる話は好きなのです。

 ⑨『DOPE/ドープ!!』
 ラスト付近の急カーブな展開に戸惑いますが、新世代とも云える黒人映画だとおもう。
 「彼ら」は白人だけじゃなく、黒人にもウンザリしてるんだろーよ。

 ⑩『ナイト・チェイサー』
 コレは迷いましたが、十位ならええかなと。


 次点は、
 13時間 ベンガジの秘密の兵士
 ゾンビスクール!

 以上です。

スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by y.k-ybf | 2018-01-12 21:15 | 映画/100 | Comments(0)

2017年、ベスト&ファニー映画。(新作)


 2017年に観た映画の本数は、203本。
 内、
 新作38本からの、ベスト10。

 先行してツイッターでは発表しておりますが、また変わりました!
 考える度に変動してしまうのは、
 作品それぞれの個性が強く、粒が揃っているからで、
 それが17年の特徴とも云えるでしょう。(ざっくりとまとめ)

 そんな個人的2017年の新作ベスト10が、コチラ。


①『新感染 ファイナル・エクスプレス
②『ブレードランナー 2049
③『ラ・ラ・ランド
④『LOGAN ローガン
⑤『エル ELLE
⑥『ベイビー・ドライバー
⑦『コクソン
⑧『メッセージ
⑨『スパイダーマン:ホームカミング
⑩『エイリアン:コヴェナント


 ハイ、決めました。変更不可です。

 次点は、
 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVOL.2

 スター・ウォーズ/最後のジェダイは、保留扱い。
 観た直後はベスト3確定か!? ぐらいの勢いだったんだけど、
 その後の賛否論争を経て、
 一旦落ち着こうと、保留にしました。
 その時点で十位入りはないんだけど、わたくしは今でも肯定派です。

 特に振り返る必要もないと思いますが、
 『エイリアン』が盛り返してきたのは、やっぱりこのシリーズが好きだから。
 全力ハイセンスで人類に叩きつける嫌がらせが、楽しくてしゃーないのです。
 シリーズ頓挫との情報も流れてきましたが、何とか完結まで辿り着いてほしいです。

 『ブレードランナー』はじわじわと上がってきて、
 『スパイダーマン』はじわじわと下がりました。

 そんな印象。

 以上。

スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by y.k-ybf | 2018-01-12 20:44 | 映画/100 | Comments(0)

01/06//18


 新年明けましておめでとうございます。

 えーーー‥‥‥と、
 正月ボケとゆーか、
 年末年始が思いの外スムーズに進行した為、逆に気が抜けております。
 それを正月ボケとゆーのか。。。

 去年は肩爆弾が暴発するとゆーアクシデントに見舞われ、あまりの激痛に幻覚まで見たりしたので、
 今年はもう、
 「健康」しか考えられません。
 健康最高。
 現在はほぼ完治しておりますが、
 未だ起き上がると胸が痛むし、歩いていると二の腕が軋みます。軽く。
 (筋肉の衰えに因るものとおもわれます)

 しかしね、
 この肩の話はいろんなヒトに訊かれるので、その度にちゃんと話すのだけれど、
 みんな途中で飽きるのな。
 訊いてきたくせに!
 そんなにオレの話は詰まらんか!

 もう一つの目標、課題は、「映画を観ない」。
 正確には「観る本数を減らす」とゆー意味なのですが、じつは肩爆弾とも遠からず関連しておりまして。
 寝不足や体調不良を自覚するのが多くなり、コレは改善が必要だと。
 また単純に、
 他のコトにも時間を使いたい。
 とゆー諸々含めての、
 映画を観ない、でございます。

 今年はこの辺で、あっさりと締めます。
 はい、宜しくお願いします。


[PR]
# by y.k-ybf | 2018-01-06 22:10 | 記述 | Comments(0)

『パッセンジャー』、とか。SFな三本。


【Amazon.co.jp限定】パッセンジャー ブルーレイ スチールブック仕様(初回生産限定) [Steelbook](2Lサイズ フォトカード付き) [Blu-ray]

ジェニファー・ローレンス,クリス・プラット,マイケル・シーン,ローレンス・フィッシュバーン,アンディ・ガルシア/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

undefined


 予告だけしか観ていなかったので、前半のあの選択にはたいへん驚きました。
 そっち系の話なんだ、と。

 倫理観を刺激する展開にも戸惑いましたが、
 不測の事態にまったく対応策がないってのも、納得し難い。
 (船の異常を直す為、意図的に起こされたとも、
  予備のカプセルの存在に気付かなかったとも考えられるが、そんな描写はないし…)

 彼の心情は理解出来ても、その選択に共感は、、、悩みます。
 つかせめて、
 二、三年は悩んでもよかったんじゃね?
 早くね?
 のび太はもっと頑張ってね?

 女性と立場が逆なら、どーなっていただろーか。
 興味は湧くけど、
 後半の展開は余計にややこしくなるよーな気もがする。

 クリス・プラットとジェニファー・ローレンスの相性も良くて、
 深刻にならず、軽くもならず、
 二人だからこそ成立した部分も少なくないのでわ。
 とゆー感じで、
 最終的には納得出来ました。


 コレって、結婚の話かな? とも思うのです。
 少し前時代的な、それも日本っぽい価値観の。
 結婚を機に、
 妻や母になるコトへ抵抗を感じる女性が、
 それを、人生を受け入れる話なのかな、と。
 自分だけの幸せを。
 ちょっと偏った言い種で申し訳ないが。

 なので、
 あの医療用カプセルには二人の子供が眠ってるラストでも、よかったのでわ。


スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン [Blu-ray]

(声の出演)デイヴィッド・マトランガ,(声の出演)ルーシー・クリスチャン,(声の出演)ジャスティン・ドラン,(声の出演)デイヴィッド・ウォルド/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

undefined


 12年公開の、
 日米合作CGアニメ版「スターシップ・トゥルーパーズ」。
 合作とゆーわりにはスタッフロールを見ると殆ど日本側で作ってるよーな印象。

 一応シリーズ四作目(実写版込み)とゆー位置で、
 リコとかお馴染みのメンバーも活躍しますが、続いているかどーかは判りません。
 ついでに、ストーリーもよく判らない辺り、とてもらしい。
 アメリカ人はこのシリーズが大好きなのに、
 誰も深く関わって、ちゃんと作ろーとしない状況が、愉快。

 CGのクオリティがまだゲームのムービーレベルで残念ですが、
 エロスに挑戦してるのは好感がもてます。
 全て許せます。


ジュピター20XX [DVD]

カリー・ペイトン,ランス・ヘンリクセン,ブライアン・バウムガートナー,ジェームズ・マディオ/アメイジングD.C.

undefined


 木星の衛星に生物らしい影が見付かったっぽいから、見に行きたい!
 でも自分で行くのは面倒くさい!
 NASAに任せてもぐずぐずするから、
 自分のポケットマネーで宇宙飛行士を雇ってロケットを飛ばすぜ、木星まで!
 何故ならオレは金持ちだから!

 そんな理由で木星へ旅立つプライベート・ロケットの乗組員はたったの二人。

 何かあったらどーすんだろ?
 と思う間もなくロケットに隕石が衝突!
 総員の約半数が死亡!(1名)

 ロケットもダメージを負ったので、
 即決帰還を選択するも、その道程は厳しいものであった…。

 とゆー、SFなお話。

 もちっと詳しく説明すると、
 地球を出発してから一旦金星でスイングバイして木星へ向かう予定だったのが、
 金星へ着く前に隕石と衝突してしまうとゆー、あまりにも残念な事態に。
 それでも地球へ戻るまで二年以上掛かるし、
 損傷したロケットは修理しないといけないし、
 睡眠カプセルどころかベッド含む衣食住の衣と住が吹っ飛んだ状態で、
 残されたのは地球との交信が可能なモニターと、トイレと食料が備わったスペースのみ。
 (この食料も恐ろしい事情が話されていたけど、冗談にも聞こえたのでスルー)
 極限状態での帰還の様子を、じっくりと描きます。

 正直、
 変わり映えのしない様子とゆーか作業を観ているだけなので、かなり退屈。
 しかし退屈なのは、この孤独な宇宙飛行士も同じ。
 いや、何千倍も何万倍も退屈であろう。
 それに比べたらこの退屈など微々たるもの。
 何なら早送りしても、停止ボタンを押しても構わないのだから。
 や、押しませんよ。
 押していませんよ。
 最後まで観ました! 退屈に打ち勝ちました!

 意外な…、
 意外と云ってもいいでしょう。
 (明らかに間違った選択だと思いますが)予期せぬその結末には、
 へーーーって、驚きました。
 へーーーって。

 んで、
 この生き残った宇宙飛行士が頑丈とゆーか冷静で、無口。
 時折激情的に全裸になったりもするけど、その程度で。
 宇宙飛行士としては優秀だけど、ドラマの主人公的には退屈極まりない。
 隕石が衝突して亡くなった方の宇宙飛行士は、
 軽口叩いて冗談ばかり云ってるよーな正反対の明るいキャラだったので、
 こっちが生き残ってくれたらなー、
 なんて不謹慎なコトは、まったく考えていませんよ!

 さておき。
 お気付きの方もいらっしゃると思いますが、
 『オデッセイ』と『ゼロ・グラビティ』にシチュエーションがよく似ている。
 そもそも宇宙船のアクシデント系スリラー自体が珍しくないんだけど、
 かなり早い段階から類似を臭わす件があったりしたので、もうそーゆーもんだと思って観ておりました。
 (モニターを通じて陽気な音楽が流れたり、とか)
 しかしこの映画、
 公開は13年だけど製作は12年になっており、
 『ゼロ・グラビティ』の13年公開より、
 『オデッセイ』の15年公開よりも早いんだな。
 ま、
 『オデッセイ』は原作があるから一概には云えないけど、後出しではないのは確か。
 (公開月でゆーと、『ゼロ・グラビティ』のが1ヶ月だけ早い)

 あらぬ疑いをかけて、本当に申し訳ない。
 『ジュピター20XX』などとゆー陳腐な邦題に惑わされた、わたくしが愚かでした。

 木星に到着しないしな。


[PR]
# by y.k-ybf | 2018-01-05 23:15 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧