今年のM-1後、感想。


 今年のM-1は、ノンスタイルが優勝したした。
 おめでとうございます。

 わたくしの予想も見事に外れてしまったので、これから独り反省会になります。

 早速、言い訳なのですが、今回は予想外のことばかりでした。
 まず、ナイツ。
 ここまで実力が出し切れないとは、おもいませんでした。油が切れたみたいでした。
 おそらく本番では速くなってしまうのを見越して、テンポを緩めたのでしょうが、
 あれでは間延びしてしまう。
 それと、ネタのチョイスがあまりよくなかった。
 前にも書きましたが、
 ナイツはオーソドックスなスタイルにみえても、ネタは若者向けなので、
 微妙に有効範囲を狭めてしまっている。
 笑いはあったけど、爆発がなかったのは、その辺が理由なのではないかな。

 笑い飯は、
 またいつものようにマイペースでくるのかとおもったら、大会用に変えてきた。
 これは良かった。
 しかし、他の組の勢いまでは抑えられなかったし、二番とゆー順番もツイてなかった。
 おもしろいのは間違いないのに、
 キャリアからくる鮮度の低下とゆージレンマに、躓いてるのかな。
 難しい課題だとおもいます。

 敗者復活には驚きました。
 オードリーが出てきたらおもろいかなと思いつつ、
 出てきてどーすんねんとも思っておりました。
 そしたら本当にオードリーが選ばれて、驚き、
 しかもしっかり笑いをとって最終組まで残って、また驚きました。
 オードリーって力があるんだな、と。
 侮っておりました。
 でもネタの順番は逆のほうがよかったかな。この先が楽しみです。

 ボロボロだったのは、ザ・パンチ。
 ツカミでやや受けだったのが、全体に響いてしまいました。
 わたくしはまともに画面すら観れませんでしたよ。
 戦いになれてない経験不足も出た気がする。
 普段の半分ぐらいの力だったか。
 M-1が、如何に特別で特殊なものなのか、よく分かりました。

 ダイアンは、おもしろいのに印象が薄い。
 スタイルも基本的だし、テクニックもあるのに、なぜか伝わらないのだな。
 静かなボケと、激しいツッコミが相殺してるのかな?
 それはさておき、
 「サンタクロース? 知らん」ってネタは、お客さんが引いてたね、若干だけど。
 ナイツとかもそーだけど、
 今はこの手の惚けネタは、あまり有効ではないのかも。

 モンスターエンジンとU字工事は、いま一つでした。
 笑いはあったけど、次もみたいとゆーものではなかった。

 で、優勝したノンスタイル。
 が、
 その前にキングコングw
 去年よりも成績が悪かったwwキングコングwww
 一年間、ライブ巡業で腕を磨いたそーですが、
 ハッキリ言って、まるで成長していない。 スラムダンクの谷沢君か。
 むしろキレがわるくなったぐらいだ。
 はねトビだと、少しは工夫の色は見えたので、
 期待がなかったわけではないが、がっかりさんだ。
 なので。
 キングコングについては去年、散々書いたのでそちらを見ていただくとして、
 ノンスタイルの話に移るわけですが。
 おそらく、彼らの笑いのスタイルやアプローチやらは、キングコングと一緒だとおもう。
 よく似ている。
 しかし、
 キングコングのネタの穴をすべて埋め、
 補正、補強して、精度を磨いたものこそ、ノンスタイルの笑いだとおもいます。
 いわば完成型です。ある意味で。
 一概に、スピードや、笑うポイントの多さで決まったのではない。
 スピードには緩急を付け、ネタの配分も計算して組み立てている。
 勢いだけでボケるとか、大声でツッコむとか、自分が楽しければとか、
 そんな次元で産んだ笑いではないのでございます。

 新顔ばかり、吉本ばかりで、
 M-1もいよいよかと不安もありましたが、
 良い意味で裏切られた大会で、ホッといたしました。



 あ、あと、
 上戸彩は、二度と司会などするな、と、最後に付け加えておきます。
[PR]
by y.k-ybf | 2008-12-23 22:43 | テレビ | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧