仮面ライダーディケイド、始まる。


 平成仮面ライダーシリーズも、ついに十年目で十作目。
 クウガ、アギト、龍騎、555、ブレイド、響鬼、カブト、電王、キバ、そしてディケイド。

 何気に、昭和ライダーシリーズをとっくに超えてしまっている。

 んなわけで、ディケイドはかなりアニバーサリーな扱いでして、
 いきなり平成ライダー大集合な展開で始まる。
 ライダー競演は、昭和シリーズではお約束みたいな鉄板ネタではあるが、
 平成シリーズでは基本NGで、
 おそらく、前作のキバの映画に電王が出たのが最初ではないかな。たぶん。
 まあ、
 キバの映画ってゆーか、電王の映画なんだけどね。

 要するに、
 そんな大集合、総出演な大ネタ展開の理由には、
 冷めない電王人気も、少なからずある気がします。少しだけども。

 しかし。
 第一話を観たら、冒頭からやられてしまった。
 おもしろすぎました。
 タイトルからして、「ライダー大戦」であります。
 ネタも盛り込みまくりで、これでツマラナく作るほうが難しいぐらいだわ。
 オートバジンまで出やがるし。
 脚本がまた、會川 昇で。
 戦隊シリーズや鋼の錬金術師のヒト。
 これはお祭りムードに見せ掛けて、
 何か隠し玉があるのかなあと、期待してしまいます。
  と、
 ここまでは良い部分を挙げてみましたが、やっぱりディケイドのデザインはヒドいよ。
 とくに後ろ姿が。
 なんかオモチャ箱みたいで、テキトーに作った感じもするのだが、
 これも見慣れてくるのかなあ。
 これ、
 ガンバライドってゆーデータカードダスのゲームとみっちりリンクしてて、
 スポンサーの力の入れ方も半端じゃない。
 が、
 じゃあ、
 次はどーなるのかなと、不安にもおもう。
 次のライダーが。
 ディケイドは、このままの予定では夏恒例の映画で一旦終わるそーです。
 通常のシリーズの約半分。
 その後、次があるのか休むのか、まだわからないのですが、
 それほど余裕もないと、おもうんですけどね。
[PR]
Commented by 辰美龍玄 at 2009-02-15 15:41 x
昭和ライダーは石ノ森章太郎が携わったモノとされてるので1号2号の
「仮面ライダー」

V3ライダーマンの「仮面ライダーV3」
「仮面ライダーX」

「仮面ライダー
アマゾン」

「仮面ライダー
ストロンガー」

スカイライダーの
「新仮面ライダー」

「仮面ライダー
スーパー1」

1話限りの
「仮面ライダー
ゼクロス」

「仮面ライダー
BLACK」

「仮面ライダー
BLACK☆RX」

Vシネマ
「真仮面ライダー」

劇場版
「仮面ライダーZO」
「仮面ライダーJ」

話数では負けてるけど、数では勝ってる
Commented by y.k-ybf at 2009-02-15 20:59
昭和仮面ライダーのラインは、
解釈で変わってしまいますね。

わたくしはゼクロスで切ってるんだけど、
内容的にはRXまで入るのかな。

真、以降は、さすがに難しいかとw
by y.k-ybf | 2009-01-28 22:05 | テレビ | Comments(2)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧