Rー1ぐらんぷり2009 が、如何に残念であったか。


 出来レース、
 とゆー言葉を使いたくはないのだが、これは疑われても仕方あるまい。
 最初にことわっておくが、
 優勝した中山功太は何一つ悪くないし、落ち度もない。
 彼を責めるつもりなどまったくない。

 リアルタイムでざっと観て、ビデオでもう一度観た。
 自分でも採点をしてみたが、あまりにも基準が見えないので途中で挫折した。
 やってみるとわかるが、このピン芸の評価とゆーのは、えらく難しい。
 これだけ個性的なスタイルで細分化されたら、
 いくら専門的な立場の人間であろうと、公平なジャッジは無理なのではないか。
 だから、審査員も責めはしない。
 なんでマンガ家がいるんだ、しかもギャグマンガ家でもねえだろ、とか、
 100点つけたらおしまいだろとか、不満はある。
 不満があるのは毎度のことだ。とくにRー1わ。
 来年から、
 お客さんの投票にすればいい。
 今回も、大会結果と、会場の笑いに差があった。
 それと、いちいち点数を発表するやりかたも、ダメだ。
 盛り上がりに欠けるだけじゃなく、
 悪い意味での緊張感が生まれてしまうし、審査員も点数の調整が出来てしまうから。
 だいたい、中山功太の出番が最後ってのも、作為を感じる。
 どーにでもなるわ、と。

 んで、内容の感想でございます。

 正直、今年のレベルはかなり高かったとおもう。
 つまらないものや、余分なものがなかった。
 去年優勝したなだぎ武すら、このレベルには達していないだろう。
 あくまで個人的な感想でありますが。

 出場者10人中、あきらかに劣っていたのは岸学と夙川アトム。
 どちらもネタが生暖かかった。まだ練り上がってないようだ。

 鬼頭真也の、本の解説ネタとゆーのは、斬新ではないけど新鮮ではあった。
 物足りないところもあるが、芸人にはない笑いの感覚は、大事だとおもう。

 鳥居みゆきは、さすがであった。
 陽の友近、陰の鳥居である。
 ネタもじつにしっかりできていた。おそらく、テレビ用に作り直してきたのだろう。
 残念なのは、ネタのポイントと、笑いどころが理解されていないこと。
 アホの江川のコメントからも、そのへんはっきりしている。

 あとは、あべこうじか。
 この唯一、マイク一本喋りだけで勝ち抜いてくるとゆーストイックさは、
 もっと評価してあげたいものである。
 しかし、彼はもっとおもしろくなるはずなのに、
 自らのキャラを守るがために、そのおもしろさを潰してしまっているのが惜しい。

 中山功太は、使い古された感のある、あるあるネタと時報を組み合わせることで改良してきた。
 何気にハードルの高いネタで、
 時報のリズムの縛りがあるので、一つでもスベったらおしまいである。
 しかし完成度の高さに比べてインパクトがなかった。
 インパクトならば、サイクロンZのほうが上だった。
 踊り、音楽、歌詞と、三重の層の笑いになっており、わかりやすいだけの単純なネタではなかった。

 そして四番手でありながら、
 最後まで引っかき回すほどの高得点を叩き出した、エハラマサヒロ。
 正直、
 何でこんなに高い点数なのか、疑問ではあるが、おもしろかったのも事実で。
 その勢いに、お客さんも審査員も呑み込まれてしまったのだろう。
 だけど残念なのは、その流れを作ったのは、三番手だったバカリズムなのだ。
 もしもこの順番が逆だったなら、もう少し、違った結果になったかもしれない。

 バカリズム、そしてCOWCOW山田よし。
 自分の中ではこの二人が、甲乙つけがたいトップであった。
 どっちもおもしろかったし、ビデオで見返してもまた笑ってしまった。

 決めろとゆーならば、山田よしかな。
 中山功太は、五位だ。


 真実はわからない。
 ガチの審査だったかもしれないし、吉本か何かが働きかけたのかもしれない。
 ひとりだけ大阪だし。

 ここで「キングオブコント」を引き合いに出すのも筋違いなのだが、
 あれもこれも、一種のご褒美なのかなと、おもうようにしている。
 いままでたいして売れなかったけど、諦めずにお笑いのため、よく頑張ってきましたね。おつかれさん。
 つー、賞なのかな、と。

 中山功太も、バッファロー吾郎も、どっちもおもしろい。
 ならばこそ、ぐうの音も出ない結果を見せつけなくてはならないのだがな。

 勝利者ならば。
[PR]
by y.k-ybf | 2009-02-20 23:10 | テレビ | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧