『Stupid&honest』/ウルフルズ (074/100)


 ベスト、ではなく、ラブソングばかりを集めた編集盤。
 ウルフルズで、ラブソングとは、
 このブログとは似つかわしくないとおもうでしょうが、ウルフルズは好きなんですよ、昔から。

 ボーカルも演奏も、ストレートで嘘がないし、
 日常を描いた歌詞や、関西らしいサバサバした佇まいも好きなのです。
 そんな、ラブソングなアルバムでございますが、
 個人的に一番キタのがザ・ピーズのカバー「実験4号」。
 この一曲だけで選んだと云ってもいいぐらいなのですが、
 歌詞の素晴らしさはさておき。
 じつはこれ、ほとんどアレンジしていないだけではなく、
 ザ・ピーズのオリジナルトラックをそのまま使い、その上にウルフルズの演奏を被している。

 当時、ザ・ピーズは活動休止だったのかな?
 再評価もなく、ほぼ黙殺状態で、
 このカバーはトータス松本からのリスペクトでありエールでもあったのです。

 カバーは他にもサム・クックと清志郎の曲があって、
 恋愛だけに留まらない意味での、ラブソング集になっておるのでございます。


Stupid&honest

ウルフルズ / EMIミュージック・ジャパン


[PR]
by y.k-ybf | 2009-06-29 15:18 | 音盤/100 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧