電気関係のα


 入れるかどーかで迷ったものを、せっかくなので紹介しておく。

 『イルボン2000』は、『VOXXX』の後に発表されたライブ・リミックスアルバム。
 説明も要らないそのまんまの内容なんだけど、
 ライブ音源をリミックスしたもので、臨場感ってゆーのはないけど、
 ベスト的な選曲なので、初めての方にもオススメしたい。
 カッコイい、電気。

 ただ、今はあんまり売ってないのかな?


イルボン2000

電気グルーヴ / キューンレコード




 石野卓球の、ソロアルバム。
 確か、電気を解散させた後ぐらいのやつかな。

 テクノは詳しくもないし、外で聴くものだとおもうし、
 卓球のソロワークもあまり熱心に追いかけてもいないのだが、
 このアルバムは気に入っておりまして、家でも聴けますw

 ちょうど、ソロと電気の中間ぐらいで、、、とゆーか、ほとんど瀧抜きの電気っぽい。
 電気の第二期に近い。
 そしてアッサリとした作りがよい。

 このアッサリ感が、いまになって奇妙におもえた。
 もしかすると、
 猫も杓子もエレクトロなクラブ・ミュージックな様を、皮肉っていたのかも。
 こんな感じがいいんでしょ? と。

 つまり、『KARAOKEJACK』とは、そっち方向なアルバムなのかな、と。


KARAOKEJACK

石野卓球 / キューンレコード


[PR]
by y.k-ybf | 2009-07-02 23:34 | 音盤 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧