『Evil Heat』/Primal Scream (082/100)


 プライマル・スクリームは、『イービル』。
 迷いに迷って選びましたw

 ガレージロックからパンク、サイケデリック、アシッドハウスまで、
 あらゆる年代のあらゆる音楽が混然としながら、混然としたままに一体となり、
 尚且つ、エネルギーに満ち溢れる様は、さながらキマイラ、或いは妖怪の類を連想させる。

 多くのミュージシャンが無くしてしまった、恐さと冷たさがそこにあるのは、
 プライマルが、
 とゆーか、ボビー・ギレスピーは、普遍的な音楽への情熱を持ち得ることによって、
 常に変わり続けようとしているからだ。

 『Vanishing Point』ではベースにストーン・ローゼズのマニが、
 次の『XTRMNTR』ではマイブラのケヴィンが参加し、強力とゆーか凶暴なバンドへと変貌した。
 アシッドとノイズとディストーションで音は歪み狂い、
 ヘヴィな音の塊となりながらも、崩れることもなく、よりクリアになっている。
 脈々とした熱も失わずに。

 ボビーとゆー、不変のコアがあるからこそ、可能なことなのだろう。


イーヴル・ヒート(紙ジャケット仕様)

プライマル・スクリーム / SMJ(SME)(M)


[PR]
by y.k-ybf | 2009-09-09 10:02 | 音盤/100 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧