00年代について、語る術も無し。音楽編。


 音楽の、00年代。
 折角なので、選んでみました。

 レディオヘッド
 『KID A』

 中村一義
 『ERA』

 偶然にも、どちらも2000年に発表されたってのが、おもしろい。
 この二枚に共通しているのは、
 ジャンルやシーンに縛られず、九十年代を経て到達した音楽であること。
 その質と完成度は云うに及ばず、
 広く高く、時代を描写する強い意志が感じられる。
 ミクスチャーが時と共にカテゴライズと棲み分けによって細分化してゆくのと、対照的でもあるわけで。
 時代は次第に、精密で優れた鏡を求めるよーになるのだが、
 それは大きく写すものではない。
 『イン・レインボウズ』のよーな。

 あとは、やはり「ボーカロイド」、「初音ミク」か。
 音楽ソフトなんだけど、
 もしかしてもしかすると、この先、とんでもなく化けるかもしれない。
 それだけのポテンシャルはあるし、DTMがどーしたとかのレベルではない。
 と、おもっている。
 時祭イヴやシャロン・アップルを例に出す気はないが、
 べつの可能性もまだまだありそーだ。
[PR]
by y.k-ybf | 2010-02-01 19:34 | 音盤 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧