今年の。


Yuming Compositions : FACES (初回)

松任谷由実 / EMIミュージック・ジャパン



 今年の一枚目が、何故かユーミン。しかもこのアルバム。
 2003年発売なのだが、
 アマゾンで初回限定が割引で置いてあったので、ついポチッとしてしまった。
 まあ、そんなアルバムとゆーことで。

 一応、セルフカバーアルバムなのだが、
 荒井由美と松任谷由実のデュエットなんかもあって、なかなか複雑な気分にしてくれる。


Sound Concierge JAPAN“Japanese Lyric Dance”

Fantastic Plastic Machine / エイベックス・エンタテインメント



 ぶっちゃけ、FPMの仕事でいいとおもうことは、ほとんど無いのだが、
 この盤はけっこう良かったです。


シンクロニシティーン

相対性理論 / みらいrecords



 かなり遅れてしまったが、やっと相対性理論を買った。
 がー、
 なんかおもってたのとちがう。

 意外とコンセプトが強く、インディー感が消滅している。
 やくしまるえつこの存在感は大きいが、曲の大半は他の男性メンバーが作ってるみたいですね。
 よく知らんけど。
 スパンクハッピーに似てる気もしたが、もっと近いのはボーカロイド。
 人工少女の偽装不思議感が漂っている。
[PR]
by y.k-ybf | 2011-01-23 10:13 | 音盤 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧