その37。『劇場版 マクロスF ~サヨナラノツバサ~』

 劇場版『マクロスF』の、後編でございます。

 率直な感想から云うと、よくまとまっていて、おもしろかった。
 この劇場版はTVシリーズをベースにしながらも、
 総集編的ではなく、新作に近いものへと仕上げている。
 ストーリーも似て非なり、と云いますか。
 全編において、TVシリーズが前フリとゆーか伏線になっており、
 あのキャラは、あのエピソードはどーなんの、って部分に対して、ちゃんと回答している。
 三角関係にも。
 逆に云えば、TVシリーズを観ていないと分からないところが多いわけで、
 展開や時間的な理由から、説明不足な面があったのも否めないが。

 それと前後編に分けたことで、二人の歌姫の見せ場をそれぞれに作れたのは正解だった。
 しかも、
 前回はシェリルのステージから始まり、クライマックスでランカが加わるのに対して、
 今回はランカのステージがあり、ラストでシェリルと一緒に歌うとゆー、
 ちゃんと対になる構成が素晴らしい。
 2つであり、1つの映画になっているわけなのだな。

 新型バルキリーが、イマイチな印象だった気もしますが、
 それはさておき、
 良い作品になっているとおもいますよ。

 音楽が好きな人間としては、
 歌が争いを止めるってのは、永遠の理想だしなぁ。

 そんで。
 やはり「星間飛行」は名曲である。
 ゼロ年代に甦ったアイドル歌謡の王道であると、改めておもう。




[PR]
by y.k-ybf | 2011-03-03 20:54 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧