『東京大学物語』 江川達也


 夢オチつながりということで。

 フリ、ってのは、ここまでやらないと意味がない。
 真剣にやらないと、笑いにならない。
 等々、
 実証した上で、
 「妄想」というオブラートに包んだ、哲学書である。

 江川達也の、かなり個人的な。

 真面目に読めば、真面目な答えが。
 笑って読めば、笑える答えが、ぽろっとでてくるのはサスガ。

 だがしかし。
 完全に考えすぎであるのも、否めない。
 ちょっと間違えると、トンデモ本である。



東京大学物語 (1)
江川 達也 / 小学館
ISBN : 4091832512
[PR]
by y.k-ybf | 2004-12-25 22:05 | 本棚 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧