11//03/11/


3/11
 春の彼岸に備えた仕入れで、春日部の市場に。
 生花の荷物を車に積んだ後、
 隣の食品・日用雑貨を扱う倉庫へ向かった時、震災が起きた。
 震度は、正確ではないかもしれないが、
 後日、ネットで調べてみると、春日部は5強であった。

 最初はかるい横揺れで、倉庫に積んである荷物や、台車を押さえる余裕もあったが、
 次第に揺れが大きくなり、立ってもいられなくなった。
 台車が転がり、あちこちで車の防犯ブザーが鳴り響き、
 電線はびゅんびゅん音をたて、波打っていた。
 倉庫の荷物は次々と崩れ落ち、
 ペットボトルは、ダンボールを突き破って飛び出してきた。
 地面のつなぎ目は裂け、逆方向に動きだし、
 近くの貯水池からは、大量の水が吐き出されていた。

 外に集まってきた人らは、
 皆、不安そうに携帯を握り締めたまま、空などを見上げているが、
 電話は全く通じず、メールもダメだった。
 (この日は、しばらくしてから、一度だけメールは繋がった。)

 強い余震が続いたので、30分ほど様子をみてから車で帰宅。
 途中、建物から人がワラワラと出てくると地震だと判るので、
 車を一旦止めて、やり過ごす。
 民家の屋根瓦が崩れている。
 とくに、頂点の部分が、みんなやられていた。
 (これは屋根瓦の組み方に問題があったようで、壊れた家の建造時期がかなり重なるそうだ。)

 自宅に被害は、ほとんどなかった。
 おれの部屋がめちゃくちゃになったぐらいだ。
 近所でも屋根が壊れたり、お店の大きなガラスが割れたところもあったが。

 関係ないみたいだが、
 空が、片側は晴天で、反対側は真っ暗な雲で覆われていた。
 そして雪まで降った。

 余震は、夜明けまでずっと続いた。
 離れて暮らしている兄は、電車が止まって帰宅できず、飲み屋に一泊したそうだ。


3/12
 朝から余震。

 松戸の青果市場へ、仕入。
 とにかく荷物が届かなくて、苦労していた。
 輸送も配達も、両方で難しいと。

 帰宅後、嫌な予感がしたのでガソリンを入れに行く。
 土曜の午前には、まだ行列はできていなかった。

 新聞の朝刊が配達されていない。
 トラックが配達所まで来ないのだ。
 結局、夕方になってやっと朝刊が、遅れてスポーツ紙が配達された。
 新聞屋の社長に聞いたら、こんな事態は初めてだと言った。

 それでも、暴走族は走っていたが。。。


3/13
 余震のなか、お彼岸用の花作り。
 危険なので暖房は控える。

 あちこちのガソリンスタンドに行列ができ、本格的な品切れが目立つようになる。

 地震で墓石が倒れたとの話を聞いたので様子を見に行く。
 うちのお墓は無事であったが、
 傾いたり、倒れたりしているものも少なくなかった。
 神社の鳥居や古い石碑も、崩れているものがあった。

 明日、停電があるかもと、夜になってから急に知らされる。
 知らんがな。
 うちは仕事で4台の業務用冷蔵庫を稼働させているので、停電はただ事ではない。
 止まるのならば、それなりの対応をしなくてはならないし、
 お彼岸前なので荷物も多い。
 どーすんの?
 つーか、どーなんの?
 そんなこんなで、1日が終わった。
 (この中途半端な注意に、結局、1ヶ月近く悩まされることになるわけだ。)

 あ、テレ東はいち早く、通常の放送を始めました。一部だけど。
 さすがや。


b0048532_20165082.jpg
めちゃくちゃになった、おれの部屋。
[PR]
by y.k-ybf | 2011-05-02 20:27 | 記述 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧