2004年のレコード.03


 2004年のレコードアルバムのアレでございます。

ソルファ
ASIAN KUNG-FU GENERATION 後藤正文 / KRE

 最初、このアルバムは除外しておりました。
 楽曲とかは別として、
 好きなタイプのアルバムではないし、取りあげる特徴もないかとおもいまして。
 そもそもアジカンって、新人のわりには異常に完成しちゃってるバンドで、
 それは「完成度」とは違う、
 どちらかといえば悪い意味での「完成品」といいますか。
 このセカンドアルバム、前作の『君繋ファイブエム』とどれだけ違うの?
 その前の『崩壊アンプリファー』とは?
 ってー、話で。
 逆に言ってみれば、
 それだけ能力のあるバンドで、
 デビューん時からそんだけのもんを発揮するのは稀なわけなんですが。
 スタイルが、シンプルでストレート過ぎるから、
 魅力の強みとして有効ながらも、分かり易いという。

 そんな、
 そんなわけで、ほったらかしにしていたアルバムを選んだ理由でございますが、
 もうこれは、楽曲の強さですね。
 勢いというか。
 オアシスの、デビューアルバムを想い出すほどです。

 でも、
 3枚も「デビューアルバム」を作るのは、どーだろ。か。



Get Born
Jet / Elektra

 洋楽を聴かなくなった。
 ずっと読んでたロッキン・オンを買わなくなったし、立ち読みもしなくなった。
 んな時期と重なってしまったため、
 いわゆるロックンロール・リバイバル、、、ってゆーのかな?、
 そのムーブメントに触れることができなかった。
 もっとはっきり言ってしまうと、ピンとこないというやつで。
 おかげでいまだに馴染めないでおりますが、
 そんな中でも聴けるのが、聴けたのが、ストロークスと、このジェット。
 この二つを一緒に、
 かつムーブメントに入れていいのかすらわたくしにはわからないのでそのへんスルーしていただきたいのですが。
 ええ。

 よく考えたら2003年のアルバムだった、このアルバム。
 自分のズレ具合がそのへんよく表れておりますが、
 一回聴いて、あまり気に入らなかったんで放流しておりました。
 それが年末の片づけの時期に聴き直してみましたら、
 楽曲ごとに緩急あって、よいアルバムだなあと。
 古いロック・スタイルなわりに、3人ボーカルってのがナメとるなあと。

 意外と化けそうな気もするのですが。



SWEET DREAMS for fishmans
オムニバス HAKASE-Sun OOIOO SAKE ROCK STUKA THE MICETEETH UA bonobos nontroppo イルリメ / スザクミュージック

 コンピレーションなんだけど、
 全体の空気がほこびれてない、うまくいったアルバム。

 言ってしまうと、みんな佐藤伸治の魔法にかかってるみたいだ。

 フィッシュマンズについて、わたくしにうまく言えることはできないが、
 ファンはもとより、アーティストにも愛されたバンドであったのは、
 このアルバムでよくわかるとおもう。
[PR]
by y.k-ybf | 2005-01-18 21:28 | 音盤 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧