その96。『ドリームキャッチャー』

ドリームキャッチャー 特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ



 スティーブン・キング原作のー、
 と知ってしまうと、身構えるのは致し方あるまいよ。
 そんな、
 スティーブン・キング原作のー、映画でございます。
 監督は、『スターウォーズ』シリーズの脚本に参加されてた方なのだね。
 微妙な経歴だが。

 さて。ほぼ予備知識もなく観てしまったが、
 ここまで荒唐無稽なストーリーだとはおもわなんだ。

 キングらしいと云えばキングらしいのだが、映画的にはシャマランの作品に近い。
 前半はキングの『IT』を連想させる少年時代のエピソードから始まるのだが、
 これがだんだんと変化とゆーか変質してゆく。
 しかしまあ、ざっと説明するだけでもネタバレになってしまうし、
 そのネタバレが映画の印象全体にまで及ぶので、さすがに表現を曖昧にさせてもらうが、
 要するに、シャマラン映画のオチに相当するものが、中盤辺りにきちゃうのだ。
 ああ、きちゃうのだ。
 荒唐無稽な展開ではあるけど、
 それがオチかいな、とゆーガッカリ感もなく、二転三転してくれる。
 おもしろい映画では、ある。
 んがだ、
 とにかく時間が足りてないんだわ。
 エピソードが足りてないので、キャラの深みも甘いし、関係性の濃さも際立たない。
 原作小説は確か四巻あるよーだし、
 そもそもキングの作風は、爪楊枝で粒をかき集め積み重ね、
 その後、ばっと火をつける過程にこそクライマックスがあるので、
 それを二時間の映画でやるとゆーのは、毎度のことながら少々、分が悪いわけだ。
 なので、
 いわゆるフリが弱い状態になり、ダイジェストみたいな映画に仕上がりがちなのだ。

 本作も、その悪循環をクリアーできているとは言い難く、
 どうせなら二時間の前後編ぐらいで観たかったなと、おもいました。よ。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-04-20 00:13 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧