『トロン:レガシー』を、観た。


トロン:レガシー DVD+ブルーレイ・セット [Blu-ray]

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社



 前作『トロン』の説明は、、、要らんよな。
 コンピューターのプログラム世界を視覚化した、いまでゆーと『マトリックス』みたいな話、
 だったよーな気がする。

 まーとにかく、
 全身タイツに光のラインを入れたビジュアルや、ゲーム世界に入り込んだよーな無機質な世界観が、
 とんでもなく斬新だったわけですよ。
 『マトリックス』が、そーであったよーに。

 で、その何年ぶりかのシリーズが作られたわけですが、これがリメイクではなく続編なので驚いた。
 あの前作を活かすんだ? 設定を? と。
 本編ではさらに小ネタがあったりと、ニンマリできるとゆーか、もう覚えてないとゆーか。
 んで、
 映画の方なんですが、
 うん、わたくしは、たいへん楽しく観ることができました。
 おもしろいし、やはりビジュアルが素晴らしいですね。
 なんかウェットスーツみたいにも見えるけど、マイナスってほどでもないし、
 良くも悪くも、前作と比べて、この出来なら評価してもよろしいのではないでしょうか。
 ダフトパンクも出てるし。

 と、そー言いながらも歯切れが悪いのは、
 正直なトコロ、ストーリー的な部分は、まったく理解できなかったから。
 コンピューターの中に入るってのは、
 まあ、話も進まないのでいいとして、
 それから先は、まーチンプンカンプンでしたわ。
 今、久しぶりに言いましたわ、チンプンカンプンって。

 なので、どんな映画だった? と訊かれても、
 ウン、オモシロカッタデスヨ?
 と、何故か疑問系で答えてしまうだろう。

 ソンナ映画デシタヨ?
[PR]
by y.k-ybf | 2012-07-18 17:37 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧