アメコミの映画を、観た、観た、観た、観た、観た、観た、観た、観た。


スーパーマンIV 最強の敵 特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ




 たぶん、観てなかった、『スーパーマンIV 最強の敵』を観た。
 なんかこんな前フリばっかりだな、最近。

 スーパーマンが、国連の会議か何かで演説する、映画。

 仕上がりが、かなり残念で、
 時代的に仕方ないとしても、特撮もはっきりと合成だと判るレベル。
 確か、
 クリストファー・リーヴが核兵器反対とか平和的なメッセージとしてこの映画を作り、
 興行的に失敗し、評価もガタガタで、シリーズも打ち切られたと記憶しているが、
 まあ、絵空事でね、
 しかも、オチがですね、
 ニュークリアマンってゆー物騒な名前の敵を、原発の原子炉にぶち込んで倒すんですよ。
 じつにワイルドですね。
 あ、ワイルドだろぉ? (2012年8月現在)
 震災以降、核や原発に対する認識は一変してしまったので、ブラックなジョークにもおもえてしまう。

 またこの後から、ダークマンやバットマンの映画が作られるので、
 思想やヒーロー像的にも、大きな転換期でもあったわけですな。

 とかね。でもね。
 いいんだわ、そんなの。映画がどんなにクソでも。
 コレを観て、一つだけハッキリと確信したのは、
 やはりスーパーマンはクリストファー・リーヴであり、
 スーパーマンこそ、アメリカのスーパーヒーローの象徴なんだと。
 あのスタイル、デザイン、そして存在が、スーパーで、ヒーローで、アメリカなんだな。
 皮肉とか一切無しでね。リスペクトとして。
 ココがしっかりしてないと、他のヒーローも成り立たないんだよ。

 そんなわけでね、
 スーパーマンとクリストファー・リーヴへ、敬服の想いを捧げたいとおもいます。


 あ、映画は観ても観なくても、まったく問題ないです。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-08-29 22:37 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧