『ハリー・ポッターと死の秘宝』を、観た。

【初回生産限定】ハリー・ポッター ブルーレイ コンプリート セット (8枚組) [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ



 ハリー・ポッターって、観たよーな観てないよーな、丸眼鏡の魔法使いの話だろ?
 ぐらいの感覚で、
 シリーズ完結編の『ハリー・ポッターと死の秘宝』前後編、だけを、
 観る暴挙にチャレンジしてみた。
 誰も得しないと、薄々気付きながらの鑑賞となった。

 まず、前編。
 物語の中心とおもわれる、
 仲良し三人組(ドリカム旧編成)が思いの外、大きく成長していたので驚く。
 ハリーさん(敬称)なんて、胸毛あるやないですか。
 記憶イメージでは、もっと幼かったのに…。
 そんで、もっとほのぼの魔法使いモノっつーか、ファミリーモノみたいに楽しめるのかとおもったら、
 もうずっと話が重くて、暗いの。
 そんでもって前編は、基本的にずっと悪いやつから逃げてる話。
 もー、ずっとずっと逃げている。
 終わり。

 で、後編。
 なんか悪いやつを倒すには、ナントカってゆー箱を壊さないといけなくなって、
 逃げながら箱を見つけて壊す話。
 これも暗い。重たい。色がない。
 魔法学校で、ワイワイキャッキャする話ではないんですね、ハリーさん。
 なんでこんなことになってるかとゆーと、「死」がテーマになってるからなのだが、
 個人的には、イギリスっぽいなあともおもたよ。
 映画も盛り上がりはするけれど、「抜ける」ことは最後までなかった。
 つか、
 こーゆー終わり方で、原作、映画それぞれのファンは、納得されたのだろーか、と、
 余計な心配をするぐらい、重さが消えることはなかった。

 まとめとしましては、よく分からずに観ても、楽しめるぐらいのクオリティでした、と。
 ロケかなんかは分からんけど、美術や背景が素晴らしかったので、飽きませんでしたね。
 魔法も、おもしろいし。
 ただ、繰り返しになるんだけど、
 話だけじゃなくて、画面も暗いんだよな。つか、黒い。
 んで、長い。
 前編で146分、後編で130分もあって、
 おかげでかなり原作に忠実らしいんだけど、
 正直、エンディングとか、物足りなさを感じましたね。
 最後だけ観て言うのもなんですが。



 以上ですよ?
[PR]
by y.k-ybf | 2012-10-30 22:02 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧