『レジェンド・オブ・フィスト 怒りの鉄拳』、を、観た。

レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳 スペシャル・エディション [DVD]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン



 主演は、イップ・マンを演じてたドニー・イェン。
 タイトルからもお察しのよーに、ブルース・リーの『怒りの鉄拳』をベースとした作品であります。
 オマージュとゆーか、リメイクですな。
 一応、そんなこともありましたよ的に、ブルース・リー版のストーリーも組み込んであるし、
 グリーン・ホーネットそっくりな「仮面の男」を出したりと、かなりブルース・リーを意識しております。
 (ブルース・リー版『怒りの鉄拳』の正当な続編で、ジャッキー・チェンが主演した『レッド・ドラゴン/新・怒りの鉄拳』は、コチラ。)

 んで、時代設定は第一次大戦後から第二次大戦の間の頃、になるのかな?
 中国が非常に危うく、まさに混迷としている最中を描いておりまして、
 歴史をよく知らないながらも、大変な時期なんやなあと、おもいながら観ておりました。
 ごちゃごちゃして、少し分かりにくいけどね。
 が、
 と、云っても、政治ドラマの歴史物では勿論なくて、
 ちゃんとエンターテイメントのアクション映画にしております。
 個人的にはオリジナルのブルース・リー版よりも、よく出来てるとおもうし、おもしろかったですよ?
 やられたらやり返す応酬がえらいことになってて、
 日本軍の基地みたいな所に乗り込んで、爆破までしちゃうし。
 その報復で仲間があっさり皆殺されちゃうし。
 冷静な人間が誰一人いないとゆー。
 と、
 日本人としては複雑な気分になるいつものストーリーではありますが、
 正直、ここまでくると、もー空想上の日本軍でしかないので、宜しいんじゃないですかね。
 あ、
 そんで何故かEXILEのヒトや、倉田保昭がチョイ役で出ておりますよ。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-11-11 10:16 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧