『笑う警官』、を、観た。


笑う警官 [DVD]

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)



 キタわ、コレ。久しぶりにヒドいのが。

 角川春樹、十一年?ぶりの監督作品。
 監督だけじゃなく、脚本、プロデュースもやってます。三冠です。

 さて、この映画のどこが悪いのか。
 それを挙げ始めるとキリがないぐらい、国内産映画の悪いところが、ワンサカと盛り込まれております。
 負の集大成。
 反面教師として、世に残しておきたいレベルでございます。
 そんな映画を角川春樹が撮ったってのが、また、な。

 2009年公開の、映画です。

 ストーリーは、
 警察内部の不正を暴くため、独断で行動を起こす刑事達を描いた、
 社会派サスペンス、なのかな。
 ま、どーでもいいわい。
 まず、
 パッと見てわかる、画面の古臭さ。許されても九十年代前半ぐらいか。
 絶妙に古臭い絵面で、Vシネマのよーだ。Vシネマなのかも。
 そして不意に始まるサックスの演奏、流れるJazz。
 ダサい。ギザダサい。
 ハードボイルドでも狙っているのか、大人の雰囲気を醸し出したいのか、
 どちらにしろ、完全にハズしております。
 オープニングのここでJazzをセレクトしたのがダサいし、そのJazzの曲がまたマッチしてない。
 二重で間違ってる。
 そしてその流れのままに、女性が絞殺されるシーンへ移る。
 ああ、
 サックス吹きながら首締めて殺したんか、器用だな、
 と、
 最初はおもったが、違いました。手が塞がってるからね。
 場面は変わって、その事件現場。
 生活臭のない、不自然な一室での殺人事件なのだが、カメラが一方からしか映さず、全体を見せない。
 オシャレな演出だ。
 この部屋は不自然だと、セリフだけで説明する。
 他の部屋で証拠品が見つかったと、これもセリフだけ。移動はしない。
 この見せないってのは、
 じつにアンフェアな感じでイライラするし、演出的にも大した効果はみられない。
 んでこの、セリフだけで説明しちゃうってのは、最後までずっと続きます。
 ぜんぶ言っちゃうし、ぜんぶ説明しちゃう。
 オレは怒ってるぞー、とか、
 羨ましいですねー、とか、感情も含めて。。。アホかと。
 しかもそれで分かり易くなってるのかとゆーと、そーでもなく。
 基本、捜査してる刑事のコイツら、
 突っ立って話すか、座って話すかのどっちかで、動きのない会話をするから、分かり難い。
 場面が単調だから、記憶に残らないの。
 さらに、でました、邦画名物、声が小さい。
 モゴモゴモゴモゴ、どーしたのかと。
 近くで赤ちゃんが寝ているのかと。
 これは、わたくしの耳が悪いのか、役者のせいなのか。あるいは音響さんか。
 映画は、映画館以外でも観るんだってことを忘れてんじゃないのかな。
 つか、コレじゃ映画館でも聴こえないとおもいますけどね。
 それに加えて、
 脚本のセリフ回しが悪くて聞きにくい。
 いまどき、セリフみたいなセリフを喋らせるな、と。
 警察の正義がー、とかさ、
 もっと他に言い方ありますよね?

 そんで、キャスト。
 不正を追求する刑事グループみたいのがメインとなってるんだけど、
 これがまた、みんな裏切りそーなキャラなの。
 実際、グループの六人中、二人裏切って、一人抜けたし。半分も欠けてるし。
 残った三人も、
 その内の一人は、正義が口癖の新人だし、
 松雪泰子演じる女刑事は、パソコンが得意wで、ケータイで婦人警官の噂話を集めてるだけだし、
 主人公の大森南朋は、じつは敵側と繋がってるし。
 って、全員ダメじゃねーか!
 そんで、雨上がり決死隊の宮迫さんが、かなり重要な役割で出てくるんだけど、
 これは明らかなミスキャスト。
 役者としての宮迫さんに不満はないんだけど、向き不向きはありますよ。
 捜査する側の役だったらまだマシだったとおもうけど。
 そんで、
 元警察の人間が経営してるウラの店、怪しいバーってのが出てくるのです。
 隠れた、刑事のたまり場、みたいなの。
 そのバーのマスターが大友康平なのは譲るとしても、
 お店自体が、ぜんぜん、いかがわしくもなければ、むしろ、すんげー明るいの。
 喫茶店かとおもったよ。
 どんな照明使ってんだってぐらい明るくて、ネット環境も整ってんの。
 バーだよ? JazzBAR。
 しかも、ウラの店って…。
 で、
 ね、あの殺人事件には何かあるぞ、追求するぞと、集まった奴らがね、
 「俺達はバンドだ。ビッグバンドだ」
 「なんて名前なの?」
 「ラフィンポリスメンだ」 っつー小粋な会話をするのです。
 笑う警官って、そーゆー意味か、と。
 つか、
 その会話、要るか?

 んでんでー、
 分かり難ーい、つまらなーい捜査が始まりまして。
 液晶テレビが盗まれてた、とか、
 変な噂があった、とか、まースリルもサスペンスもなくて。
 あ、そんでこれまた、重要な空き巣の役に、中川家とかキャスティングしてんの。
 中川家は悪くないけど、他にも要るでしょ? と。
 で、
 結局、事件も捜査も出来レースみたいなものだったとわかるんだけど、
 それもクソみたいな理由でねー。
 もー、どーしたらここまで退屈に撮れるんだってぐらい、ヤマもタニもないシナリオで。
 そいやバーのマスターの大友康平も裏切るんだけど、
 ってことは、
 そもそも敵側にぜんぶ筒抜けだったわけなんだけど、その割には目標に逃げられたりするんだな。
 つか、最初に通報した奴、誰だっけかな?
 殺人事件があった一室は、警察のアジトみたいな場所で、むしろ一番安全だったんだけどね。
 警察のお偉いさんとか、みんなラブホテル代わりに使ってたし。

 さ、そんで話を戻しますが、
 殺しも請け負う大友康平が、いろいろあって大森をライフルで狙撃します。
 見事、左胸に命中しますが、無事でした。
 あの距離でライフルに撃たれたら、
 貫通して後ろの車にも穴開くだろうし、防弾チョッキも通用しないとおもうんだけど。
 無事でした。元気になって、サックス吹いてました。
 そもそも大友さんは、どっから狙撃したのだろう。
 前方には建物があるし、まわりは警官とマスコミだらけだし。
 ま、それは些細なことで、
 むしろ意図が不明な、カメラの位置ってのが、なんかずっとおかしいのです。
 例えば三人いるとして、
 一人は自らの罪を吐露していて、一人はそれを問い詰めていたら、
 普通はこの二人を中心に、表情がわかるよーに撮るでしょ?
 でもコレだと、そんな二人をぼやっと見つめているもう一人を映して、
 残りの会話してる二人は顔もろくに映さないばかりか、見切れてやんの。斬新過ぎるわ。

 そんでもって、やっとエンディングなんですが、これがまたオシャレでねー。
 例の、ウラのバーで、大森ら刑事グループがJazzをバンドで演奏して、
 それを悪役やらなんやらが酒飲みながら眺めてるの。死んだ奴も殺された奴も。
 オシャレが過ぎて、頭痛くなってきましたよ。
 しかもまだ終わらないのがこの映画の凄いところで、
 エンドロールがぜんぶローマ字&へんな書体で、見にくい!
 役名もナシ!
 やってくれたぜ、ハルキ!! 光よりも早くハードディスクから消してやったぜ!

 と。
 整理のない、乱雑な文章になってしまいました。
 申し訳ない。

 この映画の魅力がどれほど伝えられたかわかりませんが、
 ホント、
 逆の意味で、観ていただきたい一本でございます。

 ただ、一つ、誤解してほしくないのは、
 かつて日本の映画にあった熱さと、アナーキーさと、コレはまったく別物だってこと。
 だって、2009年の作品だよ?
 シリアスに作っておいて、これだよ?

 何が悪いかって、酷くて笑えもしないのが、最悪だとおもいますわ。
 「笑う警官」なのにな。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-12-07 23:10 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧