映画のまとめ Ⅹ


12 ラウンド (特別編) [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



 久しぶりに名前を見掛けたレニー・ハーリンの、アクションサスペンスエイガ。
 レニーと云えば、
 『ダイハード2』やら『クリフハンガー』やらと、
 アクションモノの売れっこ監督ってイメージが強かったんだけど、
 そいや最近はぱったりと名前を聞いていませんでした。とゆーか忘却してました。
 どーやらスタローンと共倒れ気味に作品がコケて、信用も無くしたみたいですな。
 時期的にもCG全盛の時代になって、マイケル・ベイやらエメリッヒやらも出てきたからねー。
 娯楽映画の世界は厳しいですな。

 さて、まずこのヒドいタイトル。『12 ラウンド』。
 ボクシングの映画かとおもったら、じつは刑事モノで、ストーリーは、ほぼ『ダイハード3』。
 犯人からの指示に従って、場所を移動しながら難問をクリアするとゆー、ほんとそのまんま。
 そこへ『スピード』やら『リーサル・ウェポン』やらをちりばめて、出来上がり。
 なんともいい加減とゆーか、
 レニーがいちばんやったらダメなことだろ、それ。と。
 そしたら、どーやらプロレス団体主導の映画で、主演もプロレスラーなんですって、奥さん。やだわー。
 どーりで、どんな場面でも表情が不自然に固まったままだとおもったわ。のぼう。
 しかしなー、
 そんな映画を任されちゃうのが、現在のレニーの立場なんだなぁ。
 映画自体は、ストレートで分かりやすく、テレ東の夜に観るのがぴったりな感じですが。(誉め言葉)


ホワイト [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル



 K-POP、韓国のアイドル歌謡界の、ドロドロを描いた、ホラー。
 実際にK-POPの誰かが出てます! 誰かが! (調べる気ナシ)

 エイガ自体は、ちょっと前に日本で流行ったホラーみたいな感じで、
 じつにどーでもいいのだが、
 それより韓国の芸能界、エンタメの作りが、
 まー当然誇張されてんだろーけど、どんなものか分かったのがおもしろかったです。
 へー、そんな仕組みなのか、とか、
 枕営業とか、あの描写からすると今でも平気でやってんだなー、とかね。
 そんでもってね、
 出てくる女の子、みんな性格がドキツいんだわ。
 お前ら、アイドルやろ? と、こっちが心配とゆーか、説教したくなるよーな、見事な憎まれ役っぷりでね。
 あと、頑丈。
 あ、コレ、イッたろ。とおもっても、まだ生きてたりしてね。

 アイドルって、大変だなあ。


アイデンティティー コレクターズ・エディション [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント




 大雨と河の氾濫でモーテルに足止めをくらった男女が、何者かによって次々と惨殺されてゆき…とゆー、
 一種の閉鎖型サスペンス。
 主演がジョン・キューザックってのが、またいい具合で、
 のぺーっとした顔に、見事に騙されてしまいました。


アンノウン ブルーレイ&DVDセット(2枚組)【初回限定生産】 [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ



 アレ? 某シリーズモノに似てないかな…。
 ともおもってしまいますが、観てないんだよね、ボーン。

 潜入テロモノ、で、いいのかな。
 これもあんまり内容が言えないアレなので、説明に困りますが、
 ま、改めて考えてみると、かなりツッコミどころもあり、そこは大人力で乗り切ろう。
 ただ、
 なんで主人公をこんなおじさんにしちゃったのかなぁ…。
 設定的には正しいかもしれないけど、お客さんに敬遠されてる気が…。


ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル ブルーレイ+DVDセット(デジタル・コピー付) [Blu-ray]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン



 トム・クルーズってすごいなぁとおもふ。
 十年二十年と同じよーな映画で、同じよーな役ばっかり演じ続けて、未だに主演を譲らないとゆー。
 この、なんたる重みのない凄み。
 サイクルの早い世界で、ここまで生き残れたのは、明らかに彼の能力によるものだろ。
 ここで才能とゆー言葉がでないあたり、トムらしいではないか。

 さて、四作目となるミッション・インポッシブル。
 面倒なのでいつもスパイ大作戦と呼んでいるが、
 相変わらずの、安定した完成度、おもしろさである。
 宣伝とかでよく使われた、あのバカ高いタワーのシーンが、けっこう早めにでてきたのも驚きました。
 クライマックスじゃないんやと。
[PR]
by y.k-ybf | 2012-12-27 21:45 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧