2012年の まとめ。③。


 続いてます。

 今度は、ファニー映画トップ5。同じく順不同です。


① 『笑う警官』

笑う警官 [DVD]

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)



 ストーリーはね、ハードボイルドなのかなぁ、悪くは、、、
 ちょっと分かり難いけど、悪くは、、、
 うーん。。。
 まあ、ヘンな話かな。

 なんかね、お話の大事な部分が、ごっそり抜けてるよーな感じなんだよね。
 それを更にヘンな映画にしちゃった、みたいな。
 どれぐらいヘンなのか、逆にオススメしたい映画です。


② 『まだまだあぶない刑事』

まだまだあぶない刑事 デラックス [DVD]

柴田恭兵 舘ひろし / バップ



 ドラマはね、
 ちょうど世代なので、よく観ていたし、最初の映画も劇場で、それも立ち見で観たりしたんですよ。
 それぐらいの思い入れはあるんだけどね。
 うん、ストーリーは、ま、仕方ないとしても、
 あのサッカー場でのシーンは、どーにかならなかったんですかいのぅ。
 未だ強烈な印象があるので、選んでみました。

 「あぶない刑事」だから。で、納得と云えば納得なんだけどな。


③ 『座頭市 THE LAST』

座頭市 THE LAST 豪華版(2枚組) [DVD]

東宝



 やはり、香取くんの座頭市は、ない。ムリ。おかしい。
 ヘタとか合わないとか、そーゆーレベルじゃなくて、おかしい。ないわ。

 阪本監督だから、映画全体のクオリティは悪くないんだけど、
 兎に角この、主演の存在が全てをぶち壊すとゆー、なかなかの珍しいパターンですね。

 あと、
 「あ、市、殺すの忘れてたわ。とりあえず刺しちゃって」みたいなラストも、やっぱりダメだわ。


④ 『ザ・ビーチ』

ザ・ビーチ (特別編) [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



 まるで絵本を読み聞かされているよーな吹き替えが酷かったから。
 ってのがいちばんの理由なので、異論は認めますが、
 ストーリーも超ご都合主義で、ヒドくない?

 ディカプリオを徹底的にバカとして描く、バカエイガとしてはよく出来てんだけど。


⑤ 『殺人犯』

殺人犯 [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント



 これはね、悪趣味も底が抜けるとバカになるってんで、入れてみました。
 熱演と云えば聞こえはいいし、奇抜なアイデアと云えばその通りなんだけど、限度はあるぞ、と。
 よくやった、ともおもうけど、
 やらなくてもよかった、ともおもふ。

 激怒するか、大爆笑するかの、エイガかな。



 ファニー候補は、けっこう簡単に決まりかけたんだけど、
 最後の一枠を競ったのは他にもあって、『1911』と『エアベンダー』。
 ちょっと差が開いて、『パラノーマル・アクティビティ 第2章 TOKYO NIGHT』。

 『1911』は、わたくしに中国現代史の知識がまったくなかったせいで、
 どこをどー楽しんでいいのやら、まったく理解できませんでした。
 映画として、それはそれで問題なんだけど。
 『パラノーマル・アクティビティ 第2章 TOKYO NIGHT』は、
 日本が舞台ってこともあり、ちょっとツッコミが厳しかったかな、ともおもったので、候補から外しました。

 入れるかどーかいちばん悩んだのは、『エアベンダー』。
 よく作られてるのに、いい印象が残らない。
 これはなんでおもしろくないんだろって、観てるこっちに考えさせる、不愉快さ?
 ヒドくないのに、ヒドい! とゆー、なんか不思議な退屈さをもったエイガ。
 その理由すらあやふやってのが、外した理由でもあるんだけど、
 ワーストで選ぶなら、コレかもなぁ。

エアベンダー ブルーレイ&DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン



1911 Revolution-Collector's Edition [DVD]



パラノーマル・アクティビティ第2章/TOKYO NIGHT [DVD]

Happinet(SB)(D)




 と、ゆーぐあいに、なりました。

 今年は、もっと映画館で観たいなと、おもいます。
 以上です。
 本当に、お疲れ様でした。

 とりあえず、謝っておきます。
 すみませんでした。
[PR]
by y.k-ybf | 2013-01-22 09:57 | 映画/100 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧