『ダイ・ハード/ラスト・デイ』、を、観た。


 ダイハードの新作、シリーズ5。
 観てきましたよ。

 ツィッターでの評判が芳しくなかったので、
 こりゃ地雷かなと、警戒しておりましたが、や、そこまでヒドくなかったですよ?
 おもしろ、、、かったですよ?
 前半のカーチェイスとか、ごっつい軍用ヘリとか迫力あったし。
 マクレーン親子の会話とかもよかったですよ?

 オススメできるかと云われたら、オススメしないけども。

 さて、そんなこんなでね、
 イマイチなところは、とりあえず3つほどありまして。
 1つめは、設定。
 今作は舞台がロシアになっておりまして、
 そこでジョンの息子が捕まって裁判にかけられるってんで、ジョンもロシアへ向かうんですが…。
 んー、ロシア?
 伝統のホテルとか、それこそチェルノブイリとかさ、
 それ以外にロシアを舞台にした特色みたいのが、あまり感じられなかった。
 異国故の疎外感とか孤立感みたいな演出もあんまりないし。
 つか、自分らでなんとかしちゃうし。
 んで、あんだけドンパチやってるのに、パトカーは来るけど警官の姿は殆ど映らないし、
 軍隊だって動いてもおかしくないでしょ? プーチンの国なんだし。
 しかもジョンってゆーか、ブルース・ウィルスがまた、
 「ロシア語なんかで喋るな!」とか云うんだよ。ロシアで。
 んじゃ、英語圏でやれよ・・・。
 あとコレ、『ルーパー』で「タイムトラベルのことは訊くな!」ってのの、パロディなのかな。
 ラッパ銃みたいのもチラッと出たし。
 息子の設定も、
 じつは、、、ってアレはまぁいいとして、
 アメリカで調べても分からなかったのかな…、
 裁判の内容とかロシアへ移動する前に説明しちゃったほうがスマートだったんじゃないかな…、
 ともおもいましたが、
 さておき、
 息子をタフにするなら、もっとジョンとコンビネーションさせて、見せ場作らないと。
 罵り合いながらも、きっちり敵は倒すとかさ。期待以上のものがなかった。
 逆にコレ、ナイーブなキャラでもよかったかな、
 ギャップでおもしろくなるしーって、それは前作でやってんだよな。
 罵り合いは『3』でやってるしな。

 2つめは、ストーリー。
 どんな話なのか、どの方向なのかが、なかなかはっきりしないし、
 分かったところで、、、って感じで。
 シナリオに惹きつける力が足りない。
 要するに、
 CAIはあんな若僧にミッション任せちゃうほどマヌケってこと?
 そんで、チェルノブイリ。
 「核」が出てきて、さらに「爆発」したりする映画にハズレが多いって持論があるんですが、
 やはりやっちゃってまして、あーあー、とゆー有り様に。
 あの便利なガスってホントにあるの?
 つか、ウランって捌けるのかね。この時代に。

 で、3つめは、敵、悪役。まー、残念でしたわ。
 「ダンサー」なんてのがムリクリ出てくるけど、べつに気も効いてねえし、おもしろくもねえし。
 途中から嫌な予感してたんだけど、
 結局、ラスボス的なのが、アレだからねぇ…。
 マクレーン親子二人を相手にするんだから、もっと凄腕用意して、追い込まないと。
 なに休憩してんだ、と。
 あー、そいや続編で敵側がマクレーンを知らないのって、これが初めてかな。
 弛むんだよな、緊張が。

 とゆーわけで、
 設定、ストーリー、悪役に難があるんですが、
 って、
 全部ダメってことなのか、これわ。

 や、
 いや、でもね、フォローしますけど、ダメってほどでもないんですよ?
 なんか全体的に九十年代前半の映画っぽいけど、
 CG臭さも直ってないけど、
 出来は『4.0』のが良かったから、今からでも順番入れ替えたほうがしっくりくるとかおもうけど、
 ええ、おもしろかったんですよ?
 えとね、
 いちばんおもしろかったのは、予告。
 あの予告編は、まだよかった。
 おもしろいところ全部詰まってるから。
 あ、アレ、クライマックスじゃん、とかね。

 そんな予告編作るなよって話しだけどな。


 そいや、なっちゃんの字幕も、これまた酷かったなー。
 もう引退すればいいのに。
[PR]
by y.k-ybf | 2013-02-18 15:36 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧