『コクリコ坂から』、を、観た。


コクリコ坂から [Blu-ray]

スタジオジブリ



 こないだ日テレで放送されたのを、観た。
 宮崎吾郎監督の、二作目。

 とにかく前作の『ゲド戦記』が酷い出来だったので、
 期待値のハードルはミルミル下がって地面に食い込んでる状態なわけで、
 今作は、マシにおもえたよ。
 とゆーか、おもしろかったです、『コクリコ坂から』。

 原作が少女マンガで、わたくしが苦手とする恋愛モノでしたが、
 魅力的なカルチェラタン、生き生きとした学生たち、懐かしい昭和の町並みと、その風景、と、
 さすがジブリ。
 リアルではなく、あくまでリアル風な作画表現は、逆に実写では難しいでしょうな。
 声優も、岡田くんはちょっと向いてない気もしましたが、
 長澤まさみは、キャラと合っていて、良かったとおもいます。泣くシーン以外わ。

 で。
 気になったところはですね、まず、音楽の使い方。
 音楽自体はむしろ良かったんだけど、使い方が悪い。とくに歌物が。
 そこで流すなよってばかりに、全てのタイミングがおかしいし、シーンともマッチしていない。
 「上を向いて歩こう」なんか、無理矢理ねじ込んでるよーにしかおもえなかったし。
 一見、『おもいでぽろぽろ』っぽいんだけど、使い方がまったく違いますね。
 あとは、スピード。絵の動き。
 些細なところなんだけど、前半のスピードが、ちょっと気になった。
 コマ飛ばしみたいで、なんか気持ち悪い。
 そしたら、ホントに意図的なスピードアップをさせてるよーで、なんだかなー、と。

 ストーリーの方だと、やっぱり出生の秘密の件がねー。
 ちゃんと説明しとけよ、隠す理由も、聞く手間もないだろって。
 お父さんが戦地へ行ってても、お母さんは残ってたんだしなあ。
 んで、
 それを話すシーンも、順番はさておき、どちらかは省略できただろーし、
 要らないとしたら、シュン君とお父さんの会話だね。
 「アイツに似てきたな」って、ココ、結局、無意味なシーンになっちゃうし。
 あ、あと、ウインクも要らん。そんなキャラじゃねーだろ。
 んでラストの、あのシーンの流れ。
 電話があって、呼び出されて、慌てて向かうじゃなくて、
 予め事情を教えてもらってたシュン君が、
 会わせたいヒトがいるんだってウミちゃんを連れ出して、自転車の後ろにまた乗せて、
 坂道を下りながら、誰々に、何時までに行けば会えるからって説明させて、そんで船の上で三人が出会う。
 で、いいじゃん。
 自転車もちゃんと伏線になるし。
 三輪車とか出して、急に話を盛っちゃダメだよ。

 説明が足りてないのは、
 あと、人物関係やその背景で、そもそもウミちゃんの家族構成がよくわからなかった。
 何人キョウダインなのか、一緒に住んでるのは誰なのか。
 あ、お母さん生きてたんだ、とか。
 写真とか、下宿やってるとかセリフであるけど、足りてる気はしなかったな。
 そしたら、もーじゃんじゃん喋らせて、
 長女とか次女とかテロップ入れてもいいじゃね? 大林宣彦みたいに。
 そいや、メルって呼ばれてる理由も、説明あったっけ?

 んでさ、ウミちゃんって、掃除以外に何も…。
 や、ま、いいか。。。

 とゆーね、なんか注文が多くなってしまいましたが、水準は低くないとおもうし、
 ゲドと比べるとねー、何もかも赦せる。

 そんなジブリ。
[PR]
by y.k-ybf | 2013-02-27 09:43 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧