『手塚治虫のブッダ -赤い砂漠よ!美しく-』、を、観た。


手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく【DVD】

TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)



 まあ、期待しろってのが無茶な類のアニメであります。原作はさておいて。
 まずね、ストーリーにケリがついてないってのが、そもそもダメ。
 三部作構想とか、一本ちゃんと作ってから言え、と。
 ただ、コレに関しては、原作のチョイスに問題があったよーな気がする。
 長いし、確か、原作は未完だったよーな…。
 で、
 おそらくそーなるだろとおもいながら観ていたけど、
 出家は最後の最後で、要するに、ブッダになる前で話が終わっている。
 DAKARA、ブッダ出てこねーの。ぐウオォーン!(熊)

 しかも、ブッダになる前は王子だったんだけど、
 その出番も映画の半分ぐらいしかないから、原作を知らないヒトには、まったく優しくない。
 あの動物と同化できる子供はなんなのよ? ぐウオォーン!(熊)

 でも作画は、かなり良かったとおもいますよ。動きすぎて、気持ち悪いレベルで。
 ヒトが吹っ飛ぶシーンとか、重力どーなってんのってぐらい、グニグニ動くし。
 小鳥なんか、羽ばたきながら空中に停止してたからな。ヘリコプターみたいに。
 そんで、
 痛快なのは声優さんの棒っぷり。
 吉永小百合はね、巧くないけど、おかしくもなかった。
 キャストかナレーションか、どちらかにすればよかったけども。
 吉岡秀隆も、出番少ないってのもあるけど、
 『三丁目の夕日』の演技に比べれば、ずっと普通だったし。
 際立ってヒドいのはね、観世清和。
 まー…、いままで観てきた吹替のなかでも、ワースト5に入るぐらいの、ヒドさ。
 セリフが棒過ぎて、怖いってのは初めての体験だったよ! ぐウオォーン!!(熊)

 だけどこれはキャストじゃなくて、キャスティングの問題なんだよな。
 こんなものにしちゃった、スタッフの問題ですよ。
 三部作とか考える前に、キャスティングとか、しょーもない副題とか、もっとちゃんと考えなさいよ。



 そしたら、
 本当に三部作やるつもりみたいですね・・・。
[PR]
by y.k-ybf | 2013-03-08 23:16 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧