『十三人の刺客』、を、観た。


十三人の刺客 豪華版(2枚組) [DVD]

東宝



 1963年に公開されたオリジナルは未観なので比較はできないが、
 まず、ハードなチャンバラ時代劇の新作を久しぶりに観ることができて、感動しました。

 殿様の弟はアタマがイカレポンチで、
 このままでは大変なことになるので、ヤッてしまいましょう。ってお話なのだが、
 まず、
 この殿様の弟、バカ殿の残虐非道な気狂いっぷりが凄まじく、悪役として大合格。
 さすが三池監督と言いたいところだけど、これは稲垣吾郎の功績ですな。
 あの冷血さ、憎々憎々しい狂人キャラは、お見事でした。
 そんなバカ殿を、反逆として討たなければならない侍。
 そんなバカ殿でも守らなければ侍。
 対立する両者を丁寧に描いているの、素晴らしい。

 十三人の侍、個々のキャラ分けが少し弱かったのは残念でしたが、
 それやったら時間的に厳しくなるだろーし。
 あとは例の「牛」。
 そこも含めて、日本のエンタメ映画としては、ギリギリだったんじゃないかと。

 なんか評価が甘い気もしますが、
 個人的にはね、松方弘樹の侍姿が観れただけで、良しとしてますよ。最高ですよ。
[PR]
by y.k-ybf | 2013-03-13 21:13 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧