映画のまとめ 『シリアスマン』、とか。四本。


コーエン・ブラザーズ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



・『シリアスマン』

 「これだけマジメにやってるんだから宝クジ当ててください」とゆーCMがあり、
 マジメにやってて当たるなら苦労しないなと、おもふ。
 「オレが当てたら、他のヒトが当たらなくなるだろ?」とゆーCMがあり、
 なんだかわからんが、気持ち悪いとおもふ。
 と、
 珍しく時事ネタから始めてみたのだが、案の定、風化してしまった。
 なんとなく、
 『シリアスマン』とは、逆の意味で共通しているなとおもた。

 大学で物理学を教えるラリーの元に、ありとあらゆる形で災難が降り注ぐ、そんなお話。
 妻、息子、娘、実弟、隣人、学校、友人、レコードショップ、天災、そして自分自身からも…。
 ここまでくると、
 ラリーに誰かが近づいて来るだけで、またヘンな問題が起きるんだろなーと、笑えてくる。
 そんな、一級品のコメディ映画で、わたくしは大好きです。

 「歯の裏側に文字が刻んであるのを見つけたけど、特に意味はなかったぜ!」
 ってエピソードが秀逸であり、この核。


【Amazon.co.jp限定】バトルシップ Blu-ray & DVD スチールブック仕様(デジタルコピー付)(完全数量限定)

ジェネオン・ユニバーサル



・『バトルシップ』

 主人公がパッとしなくて、見失いそーなほどキャラが立っていない。
 敵のエイリアンの目的も、行動もよくわからん。説明が不十分。
 凶暴なのか慎重なのか、モタモタしてるし、間が抜けてるし、
 案外、話せば分かる相手なんじゃないかとおもえてくる。
 先に手を出したのも、確か、人間だしね。
 あと数も少ない、弱い。
 コックピットの窓wをライフルで撃ち抜かれるエイリアンって、なんやと。

 んじゃ、ダメ映画かとゆーと、
 うむ、映画としてはダメだけど、バトルシップ(戦艦)モノとしては、合格。
 むしろ、おもしろかった。
 ミズーリ号の上に、じーさん連中が集まるシーンなんて、大爆笑でアガりましたよ。

 ヤマトとか銀英伝とかの、艦隊戦が好きなヒトには、楽しめるんじゃないのかな。
 つーかさ、
 素直に戦艦がエイリアンに乗っ取られたじゃ、ダメだったのかね?


・『呪われた者たち』

 だいぶ前に録画しておいたので、どんな内容かもすっかり忘れておりました。
 1963年、イギリスのモノクロ映画。

 黒いレザージャケットを着た暴走族とゆーか不良グループが、勝手気ままに町中で暴れまくる。
 しかしリーダーの妹は、そんなグループから抜けだし、
 偶然に出会ったアメリカ人のヨットへ飛び乗り、逃げてしまう。
 リーダーは激怒し、仲間を使い、
 妹とアメリカ人の男二人を追い詰める。
 だがそこは軍によって監視された謎の施設で、冷たい肌の子供たちが軟禁されていた…。

 プレスリーとかアラン・ドロンとか、あんな若者青春映画かとおもっていたら、急展開である。
 物語は、
 途中から強烈な社会風刺をはらんだSFに変わるのだ。
 このモダンなテーマ、終末思想にも似た絶望的な結末にも驚かされました。


TIME/タイム 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン



・『TIME/タイム』

 篠田麻里子様の吹替がヒドいってステキな噂を聞いたので、
 ここはあえて、吹替版にトライしてみたよ。
 うん。確かに麻里子様の吹替はヒドかった。
 見事な棒ってゆーか、なんも演じてなくて、そのまま喋ってるだけだった。
 しかし、ヒドいのは吹替だけではない。

 25歳以上は老いることなく、時間だけがお金のよーに消費され、取引される世界。
 若くても時間がなければ生きていられないし、年老いても時間さえあればいつまでも生きていられる。
 それがやがて貧富の差を生み…。

 時間をお金っつーかWebマネー感覚でやりとりする設定は興味深くておもしろかったんだけど、
 それも目新しい前半30分ぐらいまでで、あとはチンタラ追いかけっこしてるだけ。
 SF世界でボニー&クライドっぽいことをやりたかったのか、
 ま、それはええんやけど、
 何をやるかとおもえば、銀行襲って時間を奪って貧しいヒトらにバラまくだけって、
 もー少し捻れや。
 ねずみ小僧やん。SFどこ行ったん?
 つか、
 普通の警察とか警備とか、どーなってんだろ。盗み放題なんだけど。

 そんでね、貧しい層から吸い上げた「時間」が、一部の富裕層を支えているって構図は、
 まさに現代社会の投影そのものなんだけど、
 結局、上に貯まったものをバラまくだけだから、皮肉にも批判にもなってないどころか、
 むしろ金持ち万歳になっちゃってる気がすんだよね。
 ほら、お金持ちがいると助かるでしょ? みたいな。
 要するに、シナリオがダメ。工夫がない。
 たぶん、日本でやるならジャニーズとかでやるタイプの映画なんだろな。プ・ラ・チ・ナ・データ、みたいな。
 んだから、
 麻里子様が声をあてるのも、さほどおかしくもないのだ。

 ないのか。
[PR]
by y.k-ybf | 2013-04-14 10:29 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧