『アイアンマン3』、を、観た。


 春日部にイオンのでっかいモールができまして、
 ワーナーのシネコンが入っておるのですが、
 そこの「ウルティラ」とゆーこれまたでっかいスクリーンに、
 映画に合わせて振動&動く特別シート(D-BOX)ってのがありまして、
 せっかくの機会DAKARAと、その特別シート狙いで行きましたよ、朝一で。春日部へ。
 連休中なので、
 混雑を予想して早めに出たら、早めに着いて、まだオープンしてなかったよ!
 道路も駐車場もガラガラで、逆に停める場所に迷ったぐらいだ。
 おかげで二十席分しかない特別シートも取れまして、観たわけですよ、『アイアンマン3』の3D吹替版を。

 このD-BOXってシートは、なかなか快適でした。
 まずシート自体が特製で、スペースも広くゆったりできて、座り心地が良い。
 ウルティラは音響もいいので、
 そこに振動や揺れもプラスされるから、突発的な爆発音とかは、けっこう本気で驚きます。
 揺れは傾く程度だけど、これも楽しめましたね。
 ただ3Dだと、頭も動くとちょっと観にくいんだけどな。
 ま、そんな感じで特別シート、
 個人的にはかなり気に入ったわけなんですが、料金が、高い。高いの。
 まず通常料金の1800円。3D税の300円。
 特別シート代が1000円。3Dメガネが買取で100円。
 わたくしはさらにメガネをクリップ式にしたのでプラス200円。
 計3400円。
 一本の映画を観るのに、3400円ですよ、奥さん。このご時世に。


 ……………うん、
 一回座ってみたから、もーいいかなぁ…。


 さ、『アイアンマン3』。
 アベンジャーズシリーズの、フェーズ2(セカンドシーズンのこと)の一作目となりますが、
 観た感じ、まだそのへんは意識しなくていいみたいですね。
 純粋に、シリーズ三作目とゆー印象。
 ネタバレは避けたい、
 とゆーか、
 バラすよーなネタ…あったかなぁ…?
 映画はね、おもしろかったですよ。特別シートの効果もあって。
 ちょっと長いけど、退屈ではないし。
 意外だったのは、
 トニーのスーツ無しでの生身のアクションが多くて、頑張ってるなあ、と。
 アイアンマンのスーツも、いっぱい出るから出番も多いけどね。
 予告で盛大にネタバレしてるって話も耳にしましたが、それは気になるほどではなかったですね。大丈夫。

 で、
 今作のポイントとおもえるのは、トニーのトラウマ(で、いいのかな?)。
 これは戦いが生みだす責任、弊害、死の連鎖を示したもので、
 またトニーが他のヒーローとは違い、
 基本的には弱さと脆さをもつ生身の人間であることの提示でもあって、
 おそらく今後のシリーズの方向性を表した、
 重要なポイントに、なるんじゃないかなーと、勝手に想像しております。
 (シビル・ウォーにも繋がりそーな部分だしね。)

 あとわー、ヴィラン(敵)。
 アイアンマンって、いつも敵の存在感が薄いのですが、
 今回は、、、
 ま、今回も濃くはないけど、いままでよりは、ちゃんとラスボスになってたかな、と。


 はい、そんな具合でした。
 ついに、フェーズ2が始まってしまったわけで、
 これからソー、キャプテン、ガーディアンズ、そしてアベンジャーズ2へと、
 長く、(金銭的に)苦しい、戦い(公開)が続くわけですよ。
 さて、どこまでついて行けるだろーか。
 楽しみでもあります。
[PR]
by y.k-ybf | 2013-05-06 21:18 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧