『愛と笑いの夜』/サニーデイ・サービス (067/100)*


愛と笑いの夜

サニーデイ・サービス / ミディ



 前回、『愛と笑いの夜』はほぼ確定状態だった。
 しかし、アルバムを聴き直したときに、
 このアルバム独特の淀みみたいなものが邪魔くさく感じられて、
 比べてみるとヌケが良かった『MUGEN』の方を選んだ。

 とゆー前回の記事は、コチラ

 でもねー、これねー、
 今回、再びアルバムを全部引っ張り出して聴き直してみると、感触がだいぶ変わっていた。
 『愛と笑いの夜』は、
 あれ、こんなに聴きやすかったっけ? ってゆーぐらい、
 邪魔なモノが消えていた。或いは、憑き物がおちたかのよーに。
 これは当然、聴く側の、わたくしの変化に因るものなのだが、
 曽我部恵一のソロや、サニーデイ・サービスが復活した影響もあるのかも。
 オモシロいもんだなと、おもいましたよ。

 逆に『MUGEN』は、いまでも良いアルバムだとおもうけど、、、
 ヌケの良さが、以前のよーなプラスには感じられなかった。
 これはこれで、意外だったんだけど。

 とゆーわけで、今回は『MUGEN』から、『愛と笑いの夜』へと変更してみました。

 あ、(68)の『LOVE ALBUM』は、そのままですよ。

 そのままかい、と。



[PR]
by y.k-ybf | 2013-06-10 00:23 | 音盤/100 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧