映画のまとめ 『キラー・インサイド・ミー』、とか。四本。


キラー・インサイド・ミー [DVD]

Happinet(SB)(D)



 サイコなキラーが主人公の映画なのだが、
 通常、それを追い、捕まえよーとする側のニンゲンがでてくるもので、
 両者のバトルが見せ場になったりするんだけど、そーゆーのが無くて、呆気にとられた。
 そっち側だけの映画なんだ、と。

 ケイシー・アフレックがまさに怪演で、
 表情がなく、抑揚もない声で、ド・サドでサイコでセックス依存症の保安官助手を演じております。
 愛してるよー、
 もうすぐ終わるからねー、とか言いながら、愛人の顔がめくりあがるまで殴り殺したり、
 またそんな凄惨な場面でも、
 心情を現すが如く、暢気なカントリー・ジャズみたいのが流れたり、も、すごいの。

 ただ、対峙するニンゲンが、いるんだけど弱いからストーリーに強度がないし。
 ラストの、
 あの爆発、あれがもっと迫力あるば、また印象も違ったろーなー、と。
 『ノーカントリー』クラスにも、なれたのに、と。


青い塩 [DVD]

Happinet(SB)(D)



 伝説のヤクザとか、美女のスナイパーとか出てきた時点で、あ、そっちかと。
 そっちの、韓国映画。

 シナリオもちぐはぐとしてて、どーも分かり難い。
 結局、破綻して放置されるし。
 人気の女優さんを使ってるらしいけど、
 それを知らない者からすると、不自然極まりないカメラと演出で、すぐイメージビデオが始まっちゃう。
 邦画でもよくやるけどな。
 そーゆーのは、おもしろくもなんともないので、早く気付いてほしいです。
 で、全体もマンガチックで、
 ちょうど北条司のマンガみたいな重さと軽さ。
 アクションとガン描写の水準だけは高い。

 あと、わ、画が素晴らしかったです。
 海とか夜景とか塩田とか、
 妙な例えだけど、まるでアニメみたいな美しさでしたよ。


預言者 [DVD]

トランスフォーマー



 フランスの刑務所に収監された若者の、お話。
 脱獄しない「ショーシャンク」かとおもったが、作品的には「ゴッドファーザー」に近い気がしたよ。

 フランスの刑務所ってのは、人種も様々で、
 国籍、地方、宗教と、さらに複雑な縄張り社会が形成されており、
 そこで生き抜く厳しさが、ヒシヒシと伝わってきました。
 しかし日本人がもつ刑務所イメージともだいぶ違っており、
 自由ではないけれど、要望が叶う術はあるみたいで、
 テレビはあるわ、新聞は読めるわ、
 コーヒー飲んだり、デリヘリ呼んだり、
 食事もでっかいフランスパンで、悪い暮らしでもないよーに見えるし。

 めちゃくちゃ重たい映画ではあるんだけど、展開の配置が巧みで、重みが邪魔にならない。
 新しい感覚でした。

 タイトルの「預言者」って、ちょっとよくわかんないだけど、
 えっ、急にそこでオカルト? みたいな、ことになりますね。ええ。

30デイズ・ナイト プレミアム・エディション [DVD]

ポニーキャニオン



 アラスカの、極夜によって約1ヶ月太陽が昇らなくなる町が、吸血鬼たちに襲撃されるお話。

 凄惨なシーンも多いスプラッター系のホラーで、
 雪で隔絶される町に身を潜める感じは、ゾンビ系の映画をおもわせる。
 原作はコミックのよーで、映画自体もよく出来ていた。
 サム・ライミが製作なのも、影響があるのかも。

 もう一度最初から見返すと、
 ああ、これはあのフリか、とか、
 あれはこのヒトか、とか、わかるおもしろさもある。
 んー…、
 なんだけどねえ、べつの言い方をすると、二回観ないとよく解らない。
 二回観ても、解らないところがある、ってことでね。なんともモヤモヤするのだ。

 舞台設定とモンスターの造形は良いのだけど、
 このモンスター、吸血鬼の設定がイマイチよく解らなくてねぇ。
 あれだけ力の差があるのに、1ヶ月も見付からないもんかね?
 つか、
 カットを細かく切るから、時間の経過が分かり難くて、30日も経ってるよーにおもえなかったり。
 食べ物とかトイレとか、どーしてんだろとか、
 気になったりして、モヤモヤっとしましたよ。
[PR]
by y.k-ybf | 2013-07-06 10:18 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧