赤い墨汁の雨が降る! ジミー・ウォングの映画、三本。


 ジミー・ウォングとゆー、
 香港アクション映画界のスターであり、ドンであり、(ごにょごにょごにょ)な方がおりまして。
 ジャッキー・チェンのファンには、「ジャッキー・ジャック事件」のキーパーソンとして有名でしょう。


片腕必殺剣 [Blu-ray]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン



続・片腕必殺剣 [Blu-ray]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン



 そんな! ジミー・ウォングの『片腕必殺剣』。
 世代的にはブルース・リーの前ってことでいいのかな?
 この『片腕必殺剣』でブレイクしたのが67年。
 ブルース・リーが香港に戻り、本格的に活動を始めた『ドラゴン危機一発』が71年になりますね。
 この時、まだカンフーは主流ではなく、メインは剣術、剣客映画。
 ほとんど娯楽ヒーローモノみたいな扱いだな。片腕だけど。

 さて、ストーリーはね、
 まあ、悪い奴らを倒すんだよ! それが九‥‥八割だよ!!
 でも衝撃だったのは、主人公(ジミーさん)の腕が切り落とされるシーンで、
 まさかそんな理由で片腕になったのかと、おもわず声が出るほど驚いてしまった。
 もっとマシな理由など、いくらでも作れるだろーに…。

 で。
 『続・片腕必殺剣』は、ちゃんと続きの話で、
 車田正美のマンガみたいな展開が、愉快痛快でありました。
 「リンかけ!」の阿修羅編とか、あんなの。


 いい加減でキテレツな作品のよーにおもうかも知れませんが、
 確かにそこは否定もしませんが、
 なんだか、意外とちゃんとしてましたよ?
 悲しいぐらいに、音(SE含む)は無いけど。


吼えろ ! ドラゴン 起て ! ジャガー [Blu-ray]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン



 そして、カンフー・ブームの火付け役となった(らしい)、『吼えろ ! ドラゴン 起て ! ジャガー』。
 ドラゴンもジャガーも出てこないけど(ネコは出ます)、
 こっからちょっとトンデモぶりが目立つよーになります。
 主人公が敵の賭場を放火! とか、
 心臓に刺さった短刀を抜いて投げ返す!とか。

 ジミーさんって、おそらくちゃんと武術も習ってないから、
 基本、動きがフツーで、カラダも出来てない。
 顔も地味とゆーか、素朴な顔でねぇ。でも黒社会のヒトなんだよな…。

 とゆーね、
 カンフー以前の香港アクション映画、まだノウハウも揃ってない頃のモノとして、楽しめました。

 キワモノが観たい方は、もう少し新しい作品のがいいかも。
[PR]
by y.k-ybf | 2013-07-31 23:33 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧