映画のまとめ 『裏切りのサーカス』、とか。三本。


裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [DVD]

Happinet(SB)(D)



 や、もー、ホントにね、難しい映画だったわあ。
 何が何だか、誰が誰なのか、始まってんのか、終わってんのかも、まったく掴めなかった。
 かなり期待して観たんですけどね、ここまで難解なモノだとわ、ねえぇ…。
 面白かったけどな!(キリッ

 ってのが、初見のときにメモっておいた感想。
 あまりの難解さに、パニクってるのがよく伝わってきます。
 と、ゆーわけで、
 もう一度観たのですよ、『裏切りのサーカス』。悔しいから。
 さすがに、だいぶ分かり易かったすよ。
 上手く整理できないとゆーか、理解できてないところもあるんだけど、
 や、
 すんげーオモシロいですよ。
 分からないのにオモシロいと、こんなタイプの映画もあるんだな、と。

 えー‥と、美術がね、
 色調、デザイン、陰影から、服装、車、タイプライターと云った機械類、
 それこそ建物に至るまで、
 当然、時代考証の上で、見事な世界観を築いております。
 そして、これから語り草になるであろう、あのラストシーン。
 古き良き時代の終わりと、
 新しくも灯が消えたよーな味気ない時代の始まりと、
 人々の「それから」を映し、曲と共に幕が下りる。
 こんなにも切なく、哀しく、優しく、高揚するシーンがあるのかと。
 流れるフリオ・イグレシアスの「La Mer」も、最高! (しかもライブ録音!!)

 監督さんは、『ぼくのエリ』のトーマス・アルフレッドソンなんですね。さすがや。

 (最初のほうで、スマイリーがメガネを新調するんだけど、
  これは映画的に黒縁眼鏡は「現在」、それ以外は「過去」のシーンって、わかるための記号なんだね。
  じつは親切!)


エクスペンダブルズ2 [DVD]

ポニーキャニオン



 前作に比べたらイマイチって話ばかり聞いてきたけど、
 や、おもしろいやん、『2』。
 アクションヒーローのアベンジャーズとして、愉快な作品だとおもいますよ。
 ま、確かに、全体のまとまりや流れが弱いとか、
 アクションのメリハリがないとか、気になるところもあるけれど。
 ヴァン・ダムの、ラスボスチックな悪役もいいし、
 前回、
 かなりヒドい役回りだったラングレンが、何故かコメディリリーフと化しているのも、
 結果、出番が増えているので、よろしい。
 あとなんと云っても、チャック・ノリス。
 もー、チャックが出てくるだけでニヤニヤしてしまう。
 本人の口からチャック・ファクトが聞けるなんて、最高過ぎる!
 スタローン、シュワノルド、ブルースの揃い踏みは、意外と、どーでもよかったな、うん。

 『エクスペンダブルズ』は、
 80~90年代アクションエイガのブラッシュアップなんだから、これでいいんだよ。これで。
 不満があるとすれば、
 スタローンのガンアクションが足りなかったのと、
 エンディングの「The Boys Are Back In Town」を変えちゃったところだな。
 次は改善しておくれ。


悪人に平穏なし(DVD)

松竹



 呑んだくれの刑事が、いきなりバーで一般人を三人も射殺!
 何が始まるのかと、オープニングからハラハラさせられる、アル中ハードボイルド。

 主人公のおっさんが悪人顔でロクに喋らないので、
 何が進行してるのか、だけではなく、
 善か悪かも不明瞭なまま、ストーリーが展開してゆく、まさにコアなハードボイルド。
 しかし、その結末は、、、。

 とゆーね、
 ヘタすると感動してしまうラストも、見事でした。
[PR]
by y.k-ybf | 2013-09-12 23:34 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧