『R100』に備えて、「シネマ坊主」、を、読んだ気になる。


松本人志のシネマ坊主

松本 人志 / 日経BP出版センター



 『R100』に備えて、何の役に立つかわからんが、衝動的に「シネマ坊主」全三巻を購入。
 さすがに読破するのはしんどかったので、自分と接点がある作品のみに限定しましたよ。

 全部読まずに云うのもなんだが、
 率直な感想は、おもしろくなかった。笑えませんでした。
 しかし、
 これは映画批評の本なので、笑いは意図されたものではありません。
 では映画批評としてどーなのかとゆーと、詰まらなかった。楽しめなかったです。はい。

 とゆーかね、
 このヒトは、なんで映画なんか観るのだろう? と、疑問にさえおもうよーになりましたよ。
 自分が観たいモノ、望むモノだけを作品に要求して、それが満たされないと欠陥のレッテルを貼ってしまう。
 作品の「表現」や「方針」、「背景」などには興味がないみたい。
 自己完結型とゆーか、自閉的なのだなー。
 それが偏った個性として成立していれば、まだ救いもあるんだけど、
 この本の立ち位置は、
 基本、「オレの正しさに沿うモノ、反するモノ」なので、
 とても攻撃的で、しかも毒がないから、褒めるにしても叩くにしても、ポイントがよく分からないw
 ホントに、
 なんで映画なんか観るんだろ、このヒト。

 好き嫌いの趣向や、見えるだけで判断するのが悪いとはおもわないけど、ね。

 具体的な例でもあればと、メモも用意してたんだけど、
 かなり早い段階で、
 『ダンサー・イン・ザ・ダーク』でビョークが演じた役を「狂人」と断定しているのを読み、必要ないわとメモるのを止めました。
 はい、必要なかったです。
 それと、
 何かと云えばの『激突!』と比較するのも、どーかと。
 アレ、そんな万能な映画じゃないぞw
 つーか、そもそも基準が『激突!』って、、、。

 で、
 でもね、良いところもあるんですよ。
 『宇宙戦争』のアイデアで、
 エイリアンを倒すのはウイルス(バクテリアだっけ?)ではなく、車の排気ガスにすれば?
 ってのは、良い案だとおもふ。
 人間が汚した環境が決め手になったとゆー皮肉も効いてるし、
 トム・クルーズが車を修理してたのも伏線になるし。
 これは巧い。
 巧いけど、あの映画は原作に忠実なのがコンセプトにあるからなぁ…。

 自身の監督処女作、『大日本人』についても書いてありまして、
 満点の10点にしたいけど、もっと上を目指したいから9点にしたそーです。
 舞台挨拶もした公開初日、
 観客も緊張し過ぎていたよーで、反応も固く、良くなかったそーです。
 あいさつのボケも、受けなかったみたい。
 うん、
 そーだね、きっと緊張してて笑えなかったんだろーね。
 「映画の賞なんてもらうと飽きてしまうから、取らない方がいい」、なんて心配もしております。
 うん、
 そーだね、
 そーなんだね、賞なんか、要らないよね、そのほうが、いいよね。

 監督四作目の『R100』が、楽しみです。


 でもこれ、タイトルは『R-百』のほーが、いいんじゃないかな・・・。
 『R-億』、とか。


シネマ坊主2

松本 人志 / 日経BP出版センター




シネマ坊主3

松本人志 / 日経BP出版センター


[PR]
by y.k-ybf | 2013-09-18 23:53 | 本棚 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧