『クロニクル』、を、観た。


 あらすじを説明しよーと試みましたが、
 そーゆーモノでもないなー、とゆーわけで省略。
 三人の少年が、超能力を覚醒させる映画だよ。

 大友克洋の例を挙げるまでもなく、どっかのマンガで読んだよーなストーリー。
 その既視感と云ったら半端なく、
 『パシフィック・リム』以上に、
 ああ、コレ、知ってるわ、と、想いながら観ていた。
 それを「ベタ」と取るか、「作品への愛情」と取るかは、もー個人差だとおもふ。
 わたくしは、
 こーゆーモノを撮るなら、これをやるしかないだろ、とゆー、愛情と真摯さを感じました。

 まるで時代の変遷の隙間に忘れられていたよーな、不思議な作品である。



[PR]
by y.k-ybf | 2013-09-28 21:06 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧