『かぐや姫の物語』、を、観た。


 宮崎駿の『風立ちぬ』に続き、今年のジブリ作品は手強くて、じつに楽しい。
 どちらも傑作であり、
 また巨匠と呼ばれる人物が、エゴを全開にして作品を作っている点で共通しているのが、興味深い。
 『風立ちぬ』は、
 宮崎駿個人の理想、思想、意志で描き抜いた、エゴイズムな作品である。
 その表現のために堀越二郎、堀辰雄とゆー二人の人物と、
 日本戦史から航空機の歴史までも媒介とした、バケモノのよーな映画だった。

 『かぐや姫の物語』は、
 原作である「竹取物語」に忠実であり、逸脱したものではない。
 現代的な解釈があるわけでも、斬新なアレンジがあるわけでもない。

 ならば何故、
 今、このよーな作品を完成させたのか。

 まず、『かぐや姫の物語』には、高畑勲監督個人の投影は、一切ない。
 ジブリアニメ的な特徴すら乏しく、物語は昔話である。
 しかし、圧倒的な絵の力、動画はジブリだからこそ描けたもので、
 昔話を語る、魅せる力は、高畑勲の非凡な演出によるものだ。
 完成までに8年もの時間と、莫大な制作費が費やされた。
 監督やスタッフにも高齢な方が多く、安易に次作を望む状況ですらない。
 そうして生まれた作品とは、何か。
 遺産である。
 誰かが、
 誰にでもわかる、最高水準のアニメーションを、
 日本だけではなく、世界にも向けて作らなければならない。遺さねばならない。
 そんな姿なきエゴを命題として、この作品は生まれたのだと、感じられた。
 灯火のような、
 時代の風化にも耐えうるアニメーションを作る、と。

 そしていつか、
 この作品に触れることで、新たな高畑勲や宮崎駿が生まれることを、望むかのように。
[PR]
by y.k-ybf | 2013-11-29 20:49 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧