『ゼロ・グラビティ』、を、観た。


 この年の瀬だとゆーのに、凄いのが来たよ。

 3D映画に対して、
 あまり積極的ではないわたくしですが、これは傑作。
 3Dとしても、SFとしても。
 いつもの大袈裟な表現をすると、
 映画の歴史が、一歩進んだよーにすら感じられる作品でした。

 町山智浩さんがパンフレットで『2001年 宇宙の旅』を参考に挙げており、
 確かに様々なSF映画へのオマージュにも溢れている。
 だけど、
 ほぼ二人だけのキャスト、91分とゆー上映時間で完成させたとゆーのは、驚嘆であります。

 そして最後に判る『Gravity』(原題)の、もう一つの意味。


 体験とも呼べる、そんな映画でした。
 素晴らしい!



 (やっぱり3D吹替のが、オススメですな。
  小山力也のジョージ・クルーニーも、とても良かったよ。
  サンドラ・ブロックの深見梨加も。)
[PR]
by y.k-ybf | 2013-12-14 21:16 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧