映画のまとめ 『鍵泥棒のメソッド 』、とか。五本。


鍵泥棒のメソッド [DVD]

メディアファクトリー



 『アフタースクール』の内田けんじ監督作品。
 それだけでも期待値は上がるけど、期待通りの愉快な映画でした。

 ストーリーは古典的とも云える入れ替わりモノなんだけど、ホントにこの監督さんは見せ方が巧い。
 流れがスムーズで無駄がなく、見せるところはちゃんと見せる。
 リアリティのバランス感覚が絶妙で、ストーリーの荒唐無稽さを観客に感じさせない。
 とか云いながら、
 今作は殺し屋が記憶喪失になって役者になるってゆー、現実離れした話なんだけどね。

 記憶を失う殺し屋を香川照之、
 素性を知らず「鍵」をすり替えてしまう貧乏役者を堺雅人、
 相手もいないのに結婚の予定だけ立てちゃう雑誌編集者を広末涼子が演じておりますが、
 これがまた、三人が三様に素晴らしい。
 香川照之は記憶を失う前後で、同一人物を見事に演じ分けている。
 ラグビーシャツの着慣れてない感とか、とても良い。
 堺雅人は陽気な部分を抑えて、テレビドラマとはまた違った顔付きをしている。
 こんな陰のある役も合うんだな、と。作品に恵まれてるだけじゃないぞ、と。
 で、
 個人的にツボだったのは、広末涼子。
 この広末はええな!
 神経質っぽいんだけど無頓着とゆーか、仕事はバリバリできるけど世間知らずとゆーか、
 このヒトは、イメージとは逆に、抑えた役のほうが映えます。
 無個性無感情な役ともおもえる、意外に難しいキャラクターを、自然と演じてるし。
 ポテンシャルの高さを、再確認しました。

 なんか誉めてばかりで気持ち悪いので、ムリヤリ揚げ足を探してみますが、
 コレ、おそらく主役は香川なんだよね。
 ずっと堺雅人だと思い込んでいて、ラストでやっと気付きましたw
 あ、そっちかと。
 あとちょっと後半、ごちゃごちゃしたかな。説明が繰り返しになったり。

 シリアスじゃなくてコメディなんだけど、ちょいちょいシビアな現実を差し込んでくるのも、いいですね。
 今、思い付きました。


コナン・ザ・バーバリアン [DVD]

Happinet(SB)(D)



 シュワノルドの出世作と云ってもいい、
 『コナン・ザ・グレート』のリメイク、『コナン・ザ・バーバリアン』。
 主演は、ジェイソン・モモア。

 ん、
 と、ちょっと前までは、テレ朝やテレ東で定番化するぐらい、頻繁に放送してたんですよ、オリジナルわ。
 あーまたやってるわぁ、って観た記憶はあるのだが、
 まったく内容は覚えていないってのは、どーゆーことなんでしょうね。
 なので、
 新鮮な気持ちで観ましたよ、『バーバリアン』。
 ダーク・ファンタジーっぽい世界観なんだけど、
 基本、肉弾戦で、魔法とか使わないのね。
 敵のボスが、世界を支配できる不思議な力を持つ仮面ってのを再生させて被るんだけど、
 ウニウニしてるだけで何も起きず、むしろ弱くなったよーな…。
 それはそれとして、
 バトルシーンは迫力あったし、チャンバラも良かったし、悪くなかったですよ。

 只、
 やっぱりねー、シュワノルドの、あの筋肉ダルマのコナンの印象が強くて、
 ジェイソン・モモアもムキムキなんだけど、インパクトでは負けるなぁ。
 筋肉って、スゴい。 (とゆーまとめ。


ゾンビ・ブライド[DVD]

ラインコミュニケーションズ



 「メーテル、
  どーして日本のポルノは、時折、ゾンビモノを作るんだい?
  アレでヌケってゆーのかい?」

 「メイクだけでそれなりの形になるからよ、鉄郎。
  日本には銃火器も流通していないから、無駄に話も膨らまないから。
  つーか、ヌケるとか言ってんじゃーねよ」


 不倫相手の男に殺されたら、次の朝、ゾンビになっていた女の話。
 うーん、と、
 うーん…、
 ゾンビも、自転車に乗れるんですね。膝関節とか、大丈夫なのか。


ベルセルク 黄金時代篇III 降臨<本編DISC2枚+CD1枚> [Blu-ray]

バップ



 ついに三部作の完結編。
 原作エピソードでも突出してハードな「触」を描いているため、めでたくR-15指定になりました。

 よくやったと、
 画面はちょっと暗いけど、よくやったと、おもいますよ。
 完成度は悪くないし、ガッツの声も良かったしな。

 次は、ある…のかな?
 この三部作って、区切りはいいけど、本編の前の話だからな。
 できれば、このクオリティでシリーズを続けてほしいものだが、原作もいつ終わるかわからんしなぁ。。。


エレベーター [DVD]

角川書店



 タイトルそのまんま、エレベーターのシチュエーションスリラーってんなら、
 そりゃ止まって閉じ込められるでしょーよ。 (トッピングで爆弾も加わります。

 人物描写がベタだけどオモシロくて、楽しめました。
 金持ちの孫娘の憎たらしい感じとかねー。クソガキ感が。
 この子が、後半のある場面でボタンを押しまくるのは、
 祖父のジジイが、適当にボタンを押しまくるヒトで、
 「こーやって押してりゃ直るんだよ」って言ってたからなんだな。
 そーゆー関係性を、もっと盛り込んでもよかったな。

 そんで、
 最期に大胆な選択があるわけなんだけど、
 この追い込まれ感に対して、画が弱い。
 カメラで直接映さなくてもいいから、もっとビチャビチャーッてのがあったら、凄かったのにな、と。

 結末は気に入らなかったけど、小粒な作品としては、オモシロかったです。
[PR]
by y.k-ybf | 2013-12-19 23:46 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧