『探偵物語』、と、『Wの悲劇』、を、観た。


探偵物語 デジタル・リマスター版 [DVD]

角川エンタテインメント



 一時、芸能活動を休止していた薬師丸ひろ子が復帰した、第一作目。
 当時は興味もなかったので印象もオボロゲなのだが、
 今観ると、
 アイドル映画から脱却を試みているアイドル映画って感じで、
 「大人」ってキーワードが頻繁っつーか露骨に配置されている。
 そんで、上手くないなー。
 そんな思惑自体がモラトリアムなんだから、上手くいくはずもないのだが。

 松田優作との共演以外、とくにないっス。
 キスシーンとかも、当時ならねぇ。。。
 エンドロールのテロップで、松田優作被ってるし。

 未完成のジグソーパズルみたいやな。


Wの悲劇 デジタル・リマスター版 [DVD]

角川書店



 『探偵物語』の次に『メインテーマ』があり、その次がこの『Wの悲劇』。

 以前、観た覚えがあるのだが、見事なうろ覚えで、
 観た観たと思い出したシーンもありつつ、うむ、こんな話だったのだな。
 原作の「Wの悲劇」の部分は劇中劇で、
 外枠で本編にあたる劇団員の話は、またべつの小説が元ネタのよーで。
 テレビドラマ版の「Wの悲劇」を観て、なんか違うなーとおもったのは、そんな理由があったのだ。

 それはさておき、オモシロく、楽しめました。
 ずいぶんエグい話で、
 しかも、そんなもんだよってままで、切なく終わる。
 誰かが断罪されるわけでもなく、背負ったままに生きる。
 生きることを選ぶ、あのラストシーンなんだな。
 薬師丸ひろ子も、イキイキしておりました。

 蜷川幸雄が演出家役で出てるのも、ビックリw

 んで、主題歌の「Wの悲劇」は、名曲ですね。
 最近、何度も何度も聴いております。



[PR]
by y.k-ybf | 2014-01-03 22:23 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧