『アウトロー』、と、『ジャッキー・コーガン』、を、観た。


アウトロー ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン



 この予告映像を最初に観たとき、
 ああ、
 トム、やっちまったな、と。
 こんな地味で、なんとなく内容も想像できるよーな作品をやるなんて、と、おもったものだ。
 ま、その予想はハズレてもいなかったのだが、
 まさか笑えるアクション映画だとはおもわなんだ。

 作りは典型的な推理アクションモノで、
 おそらく西部劇を下地にしてるのだろう、強き正義が悪を挫くストーリー。
 それを現代に置き換えつつ、CGや派手な演出を極力控え、
 人物を埋もれないよーにした作りには、70年代っぽさを感じた。
 これを古臭いと見るか、遊びや余裕と見るかは、個人の主観によるのかな。
 わたくしは後者だとおもい、かなり楽しむことができた。
 サスペンスとしても、キッチリ作られてるし。
 じゃ、
 どこで笑えるのかとゆーと、全員マジボケなんだな。
 ツッコミや自覚的なボケを排除しているため、とてもハイセンスな笑いが散りばめてある。
 ストーリーはシリアスなのに、
 この緩さを計算で入れてるならば、なかなか侮れないシリーズとなるだろう。
 是非とも同じスタッフで続編を作ってほしいものだ。

 誤解されると困るのだが、
 推理アクション映画としても楽しめる、決して水準の低いモノではない。
 近年の派手な作品に飽きたのなら、ちょうど具合がいいだろう。

 只ね、
 タイトルから原題の『Jack Reacher』は外さないほーが良かったんじゃないかな。
 おそらく、
 公開時期が近い(日本では二ヶ月差)、『ジャッキー・コーガン』との混同を避けたかったとおもわれるが、
 そしたら、『ジャッキー・コーガン』もね、、、。

 (↓へ続く。


ジャッキー・コーガン [DVD]

Happinet(SB)(D)



 この予告映像を最初に観たとき、
 ああ、
 新しいタイプの殺し屋の話かー、と。
 地味そうだけど、ハードボイルドっぽくて、おもしろそーだなぁ、と、おもったものだ。
 その予想はまったく当たらず、まさかアメリカ経済の話だとはおもわなんだ。

 作りは典型的なギャングモノで、殺し屋がその仕事を容赦なく遂行するストーリー。
 そこだけを抜き出すなら、
 厄介な仲間に手を焼くとか、お金の話とか、緻密な仕事とか、
 90年代風に、殺し屋稼業を描いている。ある意味、とてもオーソドックスに。
 が、
 問題なのは、
 そーしたストーリーの合間合間に差し込まれる、
 サブプライムローンに関するニュースと、ブッシュ対オバマの大統領選の映像である。
 これはバカでも判るよーに配置された裏テーマで、
 要するに、経済危機と、そこから浮き彫りとなったアメリカの実態を、
 ギャングの賭場騒動に場面を移して表現してるわけなのだが、これがあんまり巧くない。
 あまりに露骨で、ストーリーがテーマに縛られて一本調子なんだな。
 見所は予告でぜんぶ収まってるし。
 じつに困った気分にさせてくれる作品なのだ。

 只ね、
 これは原題の『Killing Them Softly』のほーが、ミステリアスで良かったんじゃないかな。
 優しく殺す、って。

 『ジャッキー・コーガン』っ個人名のタイトルが、余計に内容を混乱させたと、おもわれますよ。
[PR]
by y.k-ybf | 2014-01-18 21:05 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧