『みなさん、さようなら』、を、観た。


みなさん、さようなら [DVD]

ジェネオン・ユニバーサル



 12年公開の、中村義洋監督作品。
 小学校を卒業してから、ずっと団地の中だけで生きていこうと決めた、男の子のお話。

 濱田岳が、中学時代から成年になるまで、ずっと演じているはなかなかの無理があるのだが、
 これは監督の勇気ある判断ですな。
 そこまで違和感も感じなかったのは、濱田岳のキャラ力、かな?w
 対策として、
 時代のディフォルメ感とゆーフィルターが、人物全般に掛けられていますね。服装とかに。

 んで、
 団地の中だけで生きるとゆーストーリーが、案外、スムーズに進行してゆく。
 友人はいるし、仕事も見つかるし、婚約までするし。
 しかし途中で判明する、「ある事件」。
 それが、彼が団地から出なくなった、出られなくなった原因ってのは、ちょっと残念。
 伏線の回収にはなっているけど、
 ここは幼いなりの決断として、団地だけで生きると決めてほしかったな。
 トラウマではなく、自分の意志で。
 そーでないと、彼の人生への肯定が鈍るとゆーか、
 違う意味になってしまう…ま、違う意味なんだけどね。
 それと友人のあの子も、精神薄弱ってのはなぁ…。なんかムリヤリ退場させられた感じ。
 まあ、そのへんは勝手な思い込みなので、映画の出来とは関係ないんだけど。

 そしてラストの、ついに…ってシーン。
 音楽も消えて、カメラだけがそこに残り、姿を追うカットは、さすが巧いな、と。
 ここは如何に自然に見せるかが勝負で、劇的に盛っては台無しになるので、
 いいシーンだなぁとおもいましたよ。ちゃんと全編を紡ぐ形にもなってるし。
 じつは、
 最終的にはみんな帰ってくるんじゃないか、とか、
 「さよなら~」と手を振って終わるとか、そんなラストシーンを想像してたんだけど、
 んな恥ずかしいことはしませんね。ごめんなさい。

 タナダユキの映画を観た後なので、
 コメディっぽい調子や、ドラマチックな展開に少し抵抗も感じたが、
 おもしろく、とても興味深い作品でしたよ。
 団地が、何を意味しているのかと考えると。

 この、団地に残り、皆を見送り、古びてゆく場所と共に生きるってのは、他人事におもえなくてね。
 地方の寂れた都市に生きて、その光景を見つめてきたヒトには、何か感じるものがあるんじゃないかな。

 只ね、
 彼のよーな生き方も、認めてほしいんだけどね。
 彼の人生を。
[PR]
by y.k-ybf | 2014-01-29 11:17 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧