映画のまとめ 『ロング・グッドバイ』、とか。四本。


ロング・グッドバイ [DVD]

エリオット・グールド,スターリング・ヘイドン/20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

undefined


 1973年、ロバート・アルトマン監督の作品。
 これこそ、ハードボイルドの映画だな。

 夜中にネコのゴハンを買いにスーパーへ行く。
 珍妙な建物に暮らしている。
 ずっとタバコをくわえてる。ライターなど使わない。
 軽口を、滑らかに叩く。
 これが、ハードボイルド。
 アピールなどせず、自然に振る舞える姿にこそ、その魂は宿るのだ。

 松田優作がこれをモデルに「探偵物語」をやったらしいが、
 「カウボーイ・ビバップ」のスパイクも、コレ、そのまんまですね。
 ストーリーはちょっと粗さも目立つし、他のキャラが濃くて混乱もするのだが、
 あのラストは、よかったなぁ。静かな怒りが。

 一つだけ気になったのは、ネコの行方。
 無事に見つかったのだろうか?

 (そしたら、日本でテレビドラマになるのな・・・。
  ダイジョブか?)


ワンナイト、ワンラブ [DVD]

ルーク・トレダウェイ,ナタリア・テナ,マシュー・ペイントン,ルタ・ゲドミンタス/ポニーキャニオン

undefined


 スコットランドのロックフェス「T・イン・ザ・パーク」を舞台に、
 実際に開催期間中の会場を使って撮影されたゆー、ラブストーリーですよ、奥さん。

 この、実在のフェス会場を使うってのが、なかなかポイント高くて、
 ロックフェスへ行ったことがある方なら、
 あの独特の雰囲気と、あるある感を味わえると共に、
 海外のフェスってこんなコトになってんのかとゆー驚きもあるし、
 主演の役柄がミュージシャンってこともあり、バックステージも覗けるとゆー、
 一粒でいくつもオイシい映画なのです。

 おかしな占い師に手錠を掛けられて、最初は仲違いしてた二人が次第に…、
 とゆーストーリーはオーソドックスで、
 若干展開に無理がある気もしますが、
 フェスの空気が楽しめるってだけでも、個人的には大合格でした。

 早くフェスの季節よ、来い。


十三人の刺客 [DVD]

片岡千恵蔵,里見浩太朗,嵐寛寿郎,丹波哲郎,西村晃/東映ビデオ

undefined


 1963年の映画で、モノクロの時代劇。監督は工藤栄一。

 以前、ここでも紹介した三池崇史監督による『十三人の刺客』の、オリジナルである。

 正直、知識が乏しいのでセリフを聞き取るのが難しく、
 作品を丸々モリモリ楽しめたとも云えないのだが、
 おそらくストーリーの概要はリメイク版と変わりない、のだろう。たぶん。

 横暴で冷酷なバカ殿と、それを襲撃する十三人の刺客。
 村全部買い取って罠にするのも、
 (規模はちがうが)少数対多数の闘いも、オリジナル通りなのだな。
 こんなオモシロいシナリオが、五十年前に作られていたとゆー。
 演出の差はあるが、ちゃんとカタルシスもあるしな。
 古典を侮ってはいけないと、勉強になりました。


ビッグ・ピクチャー 顔のない逃亡者 [DVD]

ロマン・デュリス,マリナ・フォイス,ニエル・アレストリュプ/角川書店

undefined


 妻の浮気相手である、隣人のカメラマンを誤って殺害してしまった主人公は、
 子供を「殺人犯の子」にはできないと、逃亡を決意。
 殺した隣人に成り済まし、異国の地でカメラマンとして生活を始めるのだが…。

 とゆー、
 一応、サスペンスになるんだけど、
 メインは主人公の揺れる心情そのもので、役者さんの演技と画で、それを表現している。
 なので、
 ってわけでもないんだけど、成り済ましの必要性が、些か強引に感じられた。
 そーか、
 浮気相手に成ってしまえば、失踪しても妻と連絡が取れるからかー、ともおもったけど、
 そんな描写はなかったし。
 そもそもこの場合、
 事故で片付いたんじゃないのかなぁ…、ともおもふが、
 ま、それができない主人公なんだな。 弁護士のくせに!

 後半、
 カメラマンに成ってからは、偶然に知り合った雑誌編集のおっさんに写真を認められ、
 連載決定、
 個展も決まって大成功で、次はロンドン・パリだ!
 とゆーサクセス・コンボを決めるワケだが、さすがに出来過ぎだろ。
 ここは個展の成功ぐらいに抑えて、
 その新聞記事を見つけた妻(もしくは友人)が訪ねてきて、パニック! の方が、
 まだ現実味があったかも。
 で、
 も一つ展開があるんだけど、・・・うーん、それ、要るか?

 なんだかヒドい映画みたいな感想になってるけど、そーでもなくて。
 前半の、ワイン、パーティー、スカーフと、
 妻の浮気が発覚するシークエンスなんか、分かり易くて巧いなぁとおもたし、
 成り済ましの過程も、とてもスムーズでよかった。
 どーなるんだろ、と、興味は途切れない作りになってるし。
 うむ。


[PR]
by y.k-ybf | 2014-03-12 23:34 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧