映画のまとめ 『ヴァンパイア』、とか。三本。


ヴァンパイア [DVD]

ケヴィン・ゼガーズ,アデレイド・クレメンス,蒼井優,ケイシャ・キャッスル=ヒューズ,アマンダ・プラマー/ポニーキャニオン

undefined


 岩井俊二が、外国で撮影し、キャストも外人、セリフも外国語とゆー、そんな映画。
 要すると、邦画と洋画を同列にしてみた、とも云えるのだが、これがねぇ…。

 昔、まだテレビドラマを作ってた頃の岩井俊二は、斬新で衝撃だった。
 シャープさと幻想が混在している映像と、
 先が読めず、甘くないシナリオ、新鮮で瑞々しい演出に刺激され、かなり熱心に追い掛けたものだった。
 きっと新しい世代の映像作家として、シーンを牽引する存在になるだろーと。
 それがいつの間にやら、
 ま、あくまでわたくしの主観ですけど、
 岩井俊二(笑)みたいな、
 失笑の対象になってしまったのは、何故だろう? いつからだろう?
 その答えは、皆さんのココロのなかにあるのかもしれません…。

 つーね、
 岩井俊二の「洋画」なんだけど、
 これが、やっぱりこーしてみると「邦画」なんだな。
 悪いともダサいともおもわないけど、
 材料を海外で揃えたとしても、「邦画」以上にはならなかった。
 その違いについて、言葉で説明できるほどの教養も知識もわたくしにはないのだが、
 表面とゆーか視覚的な分かり易いトコを挙げるならば、陰影がないんだな。全部に。
 全部、平面に撮ってしまう。
 それと人物を画面中央に置き、埋めるんだな、邦画って。
 この「画」が決まっているってのは厄介で、
 抽象的な意味でもあるんだけど、撮影や展開、ストーリーにも影響を及ぼしたり、するんじゃないのかな。
 マンガやアニメでもいいけど、先の展開が読める「シーン」ってのがあるでしょ?
 誰かが助けにくるとか。
 「シーン」と「画」には、そんな関係性があるとおもふのだ。
 勿論、洋画が上とかそんな話ではなく、
 邦画の因習とも云える部分を、
 あの岩井俊二すら持ち合わせていたのか、ってことを、確認できただけでも、
 よい参考になったかな、と。

 なので、映画はいつもの感じっす。お疲れさまっす。


ムーンライズ・キングダム [DVD]

ブルース・ウィリス,エドワード・ノートン,ビル・マーレイ,フランシス・マクドーマンド,ティルダ・スウィントン/Happinet(SB)(D)

undefined


 これわ、可愛らしい映画でした。
 ミニチュアの世界を覗き込んだよーな楽しさと、甘い多幸感がミチミチしておりました。
 と、同時に、
 小石や壁紙の見えない裏側には、狂気がビッシリ潜んでるよーな、恐ろしさもある。
 画が、キューブリックみたいでね。

 工夫を凝らしたエンドロールも素晴らしかったし、16ミリで撮影した風景も、
 ナチュラルな効果が美しい。
 児童文学みたいな話なんだけど、子供向けとゆーわけでもなく、
 その素朴さを巧く研磨しておるとおもいます。


トゥルー・グリット ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

ジェフ・ブリッジス,マット・デイモン,ヘイリー・スタインフェルド,ジョシュ・ブローリン,バリー・ペッパー/パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン

undefined


 コーエン兄弟よる、西部劇のリメイク。
 しかしそこはコーエン兄弟、単純な西部劇をやるわけがなく、
 オーソドックスな物語に、テーマをちゃんと忍び込ませている。

 親の仇を追い、自ら危険な地へ向かった少女が、最後に見たものは、何か。

 このやり方がとてもスマートで、巧い。
 作品によっては、巧妙過ぎてイラっとくるんだけど、これは分かり易くて、ほっとしましたよ。


[PR]
by y.k-ybf | 2014-03-24 23:12 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧