「ガンダムビルドファイターズ」、観たよ。

ガンダムビルドファイターズ Blu-ray Box 1 [マスターグレード版] <初回限定生産>

小松未可子,國立幸,石川由依/バンダイビジュアル

undefined


 「ガンダムビルドファイターズ」、観了。
 ガンダムシリーズの枠を越え、
 様々なガンプラの共演をアニメーションで楽しめるとゆー、夢のよーな作品であった。

 つかね。
 Sガンダムや、パーフェクトガンダムをゲームのムービーやSDではなく、
 ほんのわずかでも、
 アニメーションで見せてくれただけで、も、満足でした。最高ですよ。

 「ガンダム」については、こっちにも書きましたが
 ガンプラを求めてヨーカ堂へ並び、初めてのガンプラ「グフ」を買い、
 お城や軍艦のプラモと抱き合わせで売られたガンプラを憎々しく見上げ、
 「プラモ狂四郎」を夢中で読み、ハンダで動くヒートロッドに感動し、
 「模型情報」を買い集め、近藤和久の「Zグスタフ」に衝撃を受け、
 「ガンダム・センチネル」でトドメを刺された者にとっては、特別な感慨を抱かずにはいられない作品でした。

 年齢層が低めだったり、設定が甘かったり、
 展開が些か単調だったり、主要キャラのバックボーンがまったく説明されなかったりと、
 不満な点も挙げればキリがないけど、小さなことだ。
 毎回、五億点を叩き出してくれるのだから。

 スタッフの方が、
 「ガヤとしてガンダム作品のキャラと似てるヒトが映るけど、
  あれは戦争のない世界で平和に暮らしている、ガンダムのキャラクターたち」
 と、ツイートされているのを見掛けて、本気で泣きそうになった。
 ま、
 年のせいで涙もろくなってるだけなんだけど、
 ああ、シュラク隊のヒトらも平和に暮らしてるのかなぁ、とかね。
 そーゆー作り手の思いが込められているのは、素晴らしいとおもふのですよ。

 間違いなく続編は作られるだろーが、できればスクリーンでも観たいな。
 そんで、ギャーギャー騒ぎたい。





[PR]
by y.k-ybf | 2014-04-01 23:15 | テレビ | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧