映画のまとめ 『黒いドレスの女』、とか。三本。

黒いドレスの女 デジタル・リマスター版 [DVD]

原田知世,永島敏行,室田日出男,時任三郎,菅原文太/角川書店

undefined


 87年の、角川映画。
 主演は原田知世だが、同年、事務所を独立、『私をスキーに連れてって』も公開されている。
 つまり、そーゆー時期。
 角川もアニメに本腰を入れてきたし、このあと作るのが『ぼくらの七日間戦争』。
 宮沢りえだ。
 繰り返すが、そーゆー時期の作品である。

 話を映画に戻すが、監督は崔洋一。
 共演は永島敏行だが、実質、彼が主役。
 菅原文太演じるヤクザを逃がすため、バーテンダーの永島が協力するのだが、
 そこに謎の女、原田知世が現れて…、とゆーお話。
 ハードボイルドである。
 正確には、ハードボイルドを一生懸命やろうとしている、ヤクザ映画。
 菅原文太や成田三樹夫が揃っているのは、偶然かオマージュなのか、わからんが。
 つかね、
 永島敏行に渋くてお洒落なバーテンダー役なんか、無理だっての。
 彼をdisるつもりはないが、
 田舎の駐在さんか、魚市場で台車引っぱってるのがピッタリな顔なんだから。
 キザで不自然な台詞を役者に言わせて、
 お洒落なブツをガンガンぶち込んでみても望むモノにはならないよ、
 むしろ逆効果ですよってゆー、典型的なケース。
 ジャズ流せばいいんじゃね? ってゆーね。
 でもこれ以降、邦画はリアルさを勘違いして、どんどん画面が暗くなってゆくんだな。結局。

 えー、と、
 そんなハードボイルドをアピールするための退屈な一時間が前半にありますが、
 中盤、深夜の都心でのカーチェイスは、
 生々しいって言い方もおかしいが、迫力のあるシーンでした。
 ここからラストまでは、悪くなかった。
 乱闘シーンとか、後頭部を酒瓶で殴られる成田三樹夫とか、なんかスゴかった。
 ホントに死んだかとおもた。
 しかし菅原文太の役は、考えてみるとあまり必要ないとゆーか、巻き込まれただけじゃね?
 原田知世はね、
 合わない役柄や、ムリヤリな水着のシーンを頑張っておりました。そこは触れずにおきますよ。

 それより音楽が佐久間正英で、
 主題歌がdip in the poolとゆー、意外な名前を見付けました。こんな仕事もしてたのかと。
 サロン・ミュージックとかピンクの曲も使われてたしなー。


ミュンヘン スペシャル・エディション [DVD]

エリック・バナ,ダニエル・クレイグ,キアラン・ハインズ,マチュー・カソヴィッツ,ハンス・ジシュラー/角川エンタテインメント

undefined


 スピルバーグ監督の、ミュンヘン五輪で実際に起きたテロ事件を題材にした映画。
 テロにはテロを、と、実行犯を次々と暗殺してゆくストーリー。

 まず、再現されたテロ事件ってのが生々しく、
 銃の連射速度とか、銃痕とか、スピルバーグの変態性がよくでております。
 その報復として暗殺が始まるわけだが、
 段取りっつーのかな、やり取りがまた妙にリアリティがあって。
 「契約はない」とゆー契約とか、年金返還とか、現実っぽいなぁと。
 標的となる人物が意外に普通の暮らしをしていたり、
 情報屋が信用できなかったり、アメリカがなんでもクビ突っ込んできたり、
 暗殺自体も淡々と実行されたりと、興味深い場面が盛り沢山。

 ハッピーにはなれない、後味の悪いエンディングも見事でした。


人妻 [DVD]

七海なな,吉岡睦雄,河野智典,仁科百華/株式会社オールイン エンタテインメント

undefined


 原題は、『人妻セカンドバージン 私を襲って下さい』。
 タイトルからお察しのよーに、ピンク映画。
 WOWOWで放送したものはR-15指定なので、ちょっとソフトなんだな。エロスとタイトルが。

 旦那さんに相手もされなくなった病弱な人妻が、
 逃げ込んできた逃亡犯と出会い、
 屋根裏に匿う奇妙な二重生活を送ることによって、失い欠けていた自己を取り戻してゆく、
 とゆー、
 それっぽいお話。

 主演の七海ななが可愛らしく、
 病弱なトコロや、質素な生活感とかが、ええ感じに表現されております。
 家を出るとき振り返りもしない旦那さんを、撲殺したくなる気分とか、
 変化してゆく食事とか、心境の描写もよかったですよ。

 ニンゲンはロボットではないし、聖人でもないし、
 人生は課金ゲームでもないんだよ、と。

 んで、やっぱりフィルムで撮る方が、雰囲気が映像に出るな。


[PR]
by y.k-ybf | 2014-04-03 11:33 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧