映画のまとめ 『ピアニスト』、とか。三本。


 とゆーだけで、も、普通の映画など期待できない。
 嫌いなタイプの作品ばかりなのに興味を惹かれるのは、完全に監督の罠に掛かったからだろう。

 ピアノの女教師エリカは、
 厳格な普段の姿とは裏腹に、抑圧された性欲、欲望を持て余していた。
 そんな彼女の前に、好意をよせる若い男性が現れて…。

 とゆーあらすじだけだと、
 恋愛モノか官能モノかとなりそーだが、そのどちらにも傾かず、愚かで哀しい物語となるのが、ハネケ。
 これはね、
 わたくしはスゴくリアルな、愛憎の映画だとおもいましたよ。
 無知で不器用なくせに、自分だけは賢いと思い込んでるニンゲンたちが、想いのままに衝突してゆく。女も男も。
 キャッチボールの相手が出来たと喜んで、
 本気で160キロの豪速球投げたら、逃げられた。みたいな話なんですが。


 一つだけわからなかったのは、エリカが自らカミソリで股間を傷付けるシーンなんだけど。
 最初、割礼かとヒヤヒヤしたのだが、
 あれは生理を偽装したってことなんかな?


 が、しかし。
 呑まない、二日酔わない、パーリィらない。
 なんだこれわと憤りつつも、
 相変わらずの酷くてヒドい笑いと展開に、すっかり楽しく観てしまいましたよ。
 これわコレで良し!

 バカをやってた時間から醒めた、
 とゆー意味では、人生の二日酔い映画ではあるしな。‥‥‥。
 エンディングのオマケシーン、あれだけでも十分だわ。

 只、
 わたくしもやはり、某ラジオのリスナーさんが提案した、
 「ダグは、どこだ!?」、で終わってほしかったな。
 シリーズの締めとして。


 「オー!マイキー」とか作ってたヒトですね。
 「オー!マイキー」、大好きでした。

 本作は、オムニバス的な形をしておりますが、
 そもそも物語るのを放棄した映像作品なので、形とかどーでもいい。
 内容も、心底どーでもいいモノなので、
 セリフなんか全部抜いて、シャレオツ(死)なミュージックなどを被せて、
 そこらの服屋のモニターにでもタダで流してやれば、少しは役に立つんじゃねえの?

 この手の作品やアイテムを否定する気はないが、
 このコンセプトやアプローチは、工夫のない、詐欺みたいなもんだとおもふよ。
 きっと誰かがもっと良いモノを作れるので、
 今すぐこの世から消し去っても困らない、何かしらのモノですわ。


[PR]
by y.k-ybf | 2014-05-07 23:29 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧