映画のまとめ 『クロユリ団地』、とか。三本。


 ホラーではなく、心霊映画。
 と、
 聞いていたので、さて、どんなモノかと、観て納得。
 観客を怖がらせる、驚かせるを目的とせず、心霊と交信してしまうヒトのドラマを掘り下げている。
 それは恐怖ではなく、日常なのだと。
 ので、
 「ホラー」を期待していると肩透かしを食らうが、
 これは「心霊映画」だとおもって観ていると、
 それはそれで、ラストに、あれ? ともなるんだな。
 この着地点で、いいのかな? と。
 これー…、
 もっとハッピーな終わり方でも、よかったんじゃないかな…?

 と。
 おもってしまいました、ごめんなさい。
 いろいろと意見を聞いたり、考えたりもしましたが、わたくしが間違っておりました。日和ってました。
 この救われない結末こそ、『クロユリ団地』には相応しい。
 日常は、それでも続いてゆくのだ、と。

 主演の前田敦子も、とても良かったです。
 ちゃんと個性のある、作品世界の住人におもえたから。
 只、
 あの手を振らずに、腰に引っ掛けるよーな歩き方は、クセなんかな? あの手が、気になったわ。

 で。
 怖くないわー、とゆー方には、
 TVで放送されたドラマ版の『クロユリ団地~序章~』をオススメします。
 こちらはスピンオフで、Jホラー全開ですよ。



 何となく観た記憶があり、悪い印象はなかったので続編である本作を観たのだが、
 これは、やっちまいましたなぁ…。

 前作の主役を含むキャラを殺して、
 敵だったキャラを味方にして、
 新キャラでブルース・ウィルスを投入するって、
 も、
 素直にリブートすればいいのに!
 なんだこの、打ち切り寸前のテコ入れみたいな所業わ。

 ロクでもない映画は核を爆発させる、
 とゆー持論があるのだが、
 本作でも見事に核ミサイルが爆発します。
 それも世界各国の、全ての核ミサイルが、同時に!
 ま結局、
 途中で自爆するから、
 ・・・ダイジョブなんでしょう! たぶん!!
 なんかもー、スゴい数だったけども!

 そんな大味っつーか、大雑把な映画なんだけど、
 こーゆーミリタリー系のヒーローモノって少ないから、需要はあるとおもふんだ。
 だからこそ、もっと考えて作るべきでしたね。

 そーそー、
 あのブルース・ウィルスが住んでた武器庫みたいな家って、もし火事になったら大惨事だね。


 このね、わたくしだけかも知れんが、
 主演がトム・クルーズだとゆーだけで、まあ観なくてもいいか感が湧いてしまうのは、何なんでしょ?
 好きな役者さんだし、意外とハズレも少ないし、
 最近の『アウトロー』なんかも良作だったんだけどね。 …、完全に飽きてるのかな。

 そんな!
 好き好きトム・クルーズの、『オブリビオン』。
 これが、ま、オモシロかったわけですよ。
 ほぼ人類が絶滅した地球と、破壊された月とゆー、絶望的な未来のビジュアルは、
 荒廃した文明と雄大な自然のコントラストが刺激的で、スクリーンで観たら迫力あったろーな。
 白く統一したテクノロジーは、洗練されたイメージで、SF映画のオマージュっぽいし。
 後半からの展開は凡庸にもおもえたが、
 トム・クルーズがプラモのパーツみたいなパトロール機(?)で各地をまわるシーンは、それだけでも十分楽しかったな。

 でね。
 主要な登場人物は、ほぼ4人で、
 内、男性はトム・クルーズと、モーガン・フリーマンだけ。
 その他大勢もいるけれど、背景だしな。
 しかもトムがアレなんで、アレなんだよな。
 逆の意味での、トム無双みたいな。
 究極のトム映画、だな。


[PR]
by y.k-ybf | 2014-05-08 22:17 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧