『パンドラ ザ・イエロー・モンキー PUNCH DRUNKARD TOUR THE MOVIE』、を、観た。


パンドラ ザ・イエロー・モンキー PUNCH DRUNKARD TOUR THE MOVIE(初回生産限定盤) [DVD]

THE YELLOW MONKEY/(株)アリオラジャパン

undefined


 98~99年にかけて行われた113本にも及ぶ、ロングツアー。
 そのツアーに密着したドキュメンタリー。
 もー、なんつーか、
 バンドの試練でもあり、挑戦でもあり、
 到達でもあり、終焉でもある、貴重な記録映像だとも云えるだろう。

 イエモンとゆーバンドは、初期の頃から好きで追ってもいたのだが、
 まさかこの時、こんなことになってたとわなー、とゆー印象でございます。
 このロングツアーを始めた理由は、
 『SICKS』とゆーアルバムの完成と、「フジ・ロック・フェスティバル」の出演だと云う。
 満足がゆくアルバムが出来たのと、海外ミュージシャンと肩を並べたフェスの経験から、
 次へのステップとして、ブレイクスルーを渇望してのツアーだったよーだ。
 アルバムの完成度に関しては、メンバーの実感であるから何も云うことはないが、
 フジロックはね、
 わたくしも実際に会場で観たんだけど、正直、ジャストミートなモノではなかった。
 イエモンのライブとしては問題ないんだけど、
 あの、
 レイジ・アゲインスト・マシーンと、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの間とゆーラインナップ。
 そして台風直撃とゆー最悪な状況と、疲弊しきった観客とゆーコンディション。
 そこでバンドは、予め用意した楽曲重視のセットリストをそのまま演奏し、
 テンションのバランスが乱れたライブとなってしまったのだ。
 意識が高い故の選択でもあったが、
 のちに批判もされたし、更にこのロングツアーで、また同じ轍を踏んでしまう。
 これは想定以上に熟成してしまったバンドの、贅沢で歯痒い苦悩であろう。
 ガッチリとファイティング・ポーズを構えてリングへ乗り込んだのに、
 目標はすでに越えて、敵もおらず、
 闘うべき相手は、まったくべつのリングにいた…。
 そんな虚無感を、彼らは感じていたのかもしれない。

 ドキュメントの中で、
 当時を振り返り、洋楽の影響を受け過ぎたと吉井和哉はコメントしていたが、
 あの頃ってブリットポップがあって、レディオヘッドが我が道を進み、
 テクノやクラブが新しいシーンに突入した時期だから、
 影響を受けないミュージシャンなんかいなかったし、
 影響があるから出来たことも少なくなかったはず。
 これは逃れよーもなかった結果だと、おもふのですよ。イエモンの一ファンとしてわ。
 この長大なロングツアーが、
 自分自身の影との闘いで、自らを傷め、追い詰めることとなったとしても。


 ツアー後、バンドはまさに迷走しかけて、
 結果的にラストアルバムとなってしまった『8』を発表してから約四年後、
 バンドは解散してしまうわけですが、
 この『8』ってアルバム、
 わたくしはとても好きなアルバムで、評価もしているんですよ。
 いろいろあったわりに、やっとバンドの素がでたなとおもって。
 いまでも愛聴しております。


 とゆーね、
 映画の感想になってない気もしますが、以上です。
 これを、
 こんな時代があった、こんなロックバンドがいたんだよ、と、
 過去形で話すのは、とても悲しく、寂しい。

 ま、も一回ぐらいあるだろーと、楽観的な希望を残しつつ。。。


 そいや、ロビンって結婚してたんだね、デビューからずっと。
 まったく知りませんでした。。。


8

THE YELLOW MONKEY /ファンハウス

null



[PR]
by y.k-ybf | 2014-05-14 23:59 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧