映画のまとめ 『殺人者はライフルを持っている!』、とか。四本。


殺人者はライフルを持っている ! [DVD]

ポリー・プラット,ボリス・カーロフ,ジェームズ・ブラウン,サンディ・バロン/パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

undefined


 ロジャー・コーマンが製作に関わる、ピーター・ボグダノヴィッチ監督のデビュー作。
 その愉快な製作過程はあちこちで説明されてるので、省略。

 時代遅れになったと、引退を決意したベテラン俳優と、
 新たな時代に生まれた、理解不能な異常犯罪者。
 「恐怖」が共通のキーワードとなる二つの軸が、次第に近付き、一つに交わってゆく。

 ま、言い過ぎだけど、
 コーエン兄弟の『ノーカントリー』とも通じるテーマでは、あるのかな?
 時代の変節とゆー、恐怖が。

 無差別の大量殺人が始まる過程は、じつに静かで、不気味なシーンだ。
 ドライブ・イン・シアターでの惨劇などは、
 効果技術の稚拙さが悔やまれる、恐るべきシーンとなった。
 ラストショットの、
 広大な敷地に、たった一台だけ残された犯人の車と、ゆっくりと近づく暗雲。
 あまり多くを語らない作品だが、不安な暗示が隠されている。


ットエンドラン [DVD]

ダックス・シェパード,クリスティン・ベル,ブラッドリー・クーパー,トム・アーノルド,クリスティン・チェノウェス/東宝

undefined


 なんか有名な役者さんが出てるらしいが、
 監督の名前すら調べるのが面倒なほど、イマイチな映画であった。
 ロマンスとコメディと、車を混ぜ合わせた、そんなアレ。
 作品を例えるのすら面倒だ。

 ともかく、ユーモアのピントがズレてるってのが致命的で、笑いドコロが悉く笑えない。
 証人保護で付いてるオッサンなんて、只のサイコパスにしか見えなかったよ。
 唯一の目玉は車、カーチェイスなんだけど、
 これもまた中途半端でねぇ、、、
 最後にレース用のバギーみたいなスゴい車が出てきたから、
 お、これでカーチェイスするのか! って期待したら、誰も追って来ねえの。
 その上、「この車じゃ高速走れないから」とか言いやがって、アホか!
 何の為の映画だ!
 走れないから、走るのが映画だろ!!
 バ! カ! か!!

 とゆー、楽しい映画なので、皆さんご覧ください。


オチキ [DVD]

木乃江祐希,関寛之/バップ

undefined


 エロスシーン(エロスィーン)が少なかったので、普通の邦画扱いになるのかな。
 人生がズンドコ堕ちまくる、それがオチ期(オチキ)。

 ファンも増えて、単独ライブも決まった、女性二人組のストリート・ミュージシャン。
 芸能事務所に勤める、スカウト兼タレントマネージャーの軽薄な男。
 そこに突然訪れる、オチキ。
 二つのストーリーが、やがて一つへ重なってゆく、オムニバス連作。

 とにかくですね、
 登場する人物が、ほぼ全員イタい。
 イタいニンゲンが、イタいコトして、ずぶずぶとオチてゆく。
 最たるモノは、この二人組の歌なんだけど、
 おそらく、やる気もなく作って、やる気もなく唄っているので、マジモンでヒドい。
 作品の設定上で「ヒドい」を超えての、ヒドさ。
 メロディーと歌詞の長さが合ってないとか、逆によく唄えたなってぐらいだ。

 この作品全体に蔓延しているイタさは、
 渋谷直角のコミック、
 「カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生」を思い起こさせる。
 んが、
 映画のラスト、そこだけはコミックを超える衝撃のラストシーンだった。
 あれほどヒドく、バカらしい結末はなかなか出会えないだろう。
 ・・・観ても、何の自慢にもならないが。

 (※どんなラストか、気になったら負けです。)


プレイ-獲物- [DVD]

アルベール・デュポンテル,アリス・タグリオーニ,ステファン・デバク,セルジ・ロペス,ナターシャ・レニエ/Happinet(SB)(D)

undefined


 フランスの、サスペンス・アクション、か。
 こーいくつも映画を観てくると、だんだんジャンルの境目が曖昧になってくる。
 更に英語圏以外の作品となると、
 笑うところなのか悲しむところなのか、微妙な場合もあったりして、説明に戸惑う。
 とゆー、只の愚痴。

 さて、『プレイ-獲物-』。
 詰まらないタイトルだが、中身は悪くない。
 出所間近の男が、家族に危険が迫ることを知り、脱獄。
 家族の元へ向かうのだが…。
 そこへ過去の事件を追う女刑事、娘を攫う連続殺人犯と、三つ巴の様相で展開してゆく。

 分かり易く、似てる作品は…と考えてみたら、
 ハリソン・フォード主演の『逃亡者』が浮かんだけど、いかん、けっこーそのまんまだわ。
 スケールや仕掛けはシンプルになってるけど、
 ま、それぐらいよく出来てる、と。

 主人公がね、ちょっとハゲかけのオッサンで、
 全力で走る姿なんか痛々しさもあるんだけど、
 こーゆーオッサンをキャスティングしてアクション映画を作れるって、いいなと、おもったよ。


[PR]
by y.k-ybf | 2014-06-12 20:51 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧