映画のまとめ 『ゼロ・ダーク・サーティ』、とか。五本。


 ビン・ラディンとゆーたった一人のニンゲンを探す為の、恐るべき死闘の記録。
 ドキュメンタリーではなく劇映画だが、
 この全編を覆う息苦しさと、ラストに味わう達成感とも安堵とも異なる感覚は、何であろーか。

 個人的には、これがどこまで真実なのか疑問も残るのだが、
 この迷いのない作りには圧倒されました。
 こーゆー監督さんにこそ、アクションヒーローモノとか撮ってほしいんだけどね。


 んー、
 んー…、分かり難い、只のサスペンスでした。

 「容姿を例えよーとすると悉く言ってはいけない言葉ばかり浮かばせる男」こと、トビー・ジョーンズ主演ってだけで、
 ずっと観ていられるのだが、映画自体はそれほど甘くもない。

 異国の地に呼ばれ、映画の音響スタッフとして働くことになった、トビー。
 しかしその映画は想像を絶する俗悪エログロ恐怖モノで、ナンジャコリャ状態に。
 監督も上司もロクデナシで、役者も素人に毛が生えたよーなのばかり。
 オマケに約束の旅費も払ってくれないし~、と、
 次第にトビーの精神も疲弊してゆき…。

 とゆー具合なのだが、
 この映画、
 スタジオとトビーの部屋だけで、外の世界がない。
 例の旅費の件も、「そんな便は存在しない」と云われる。
 作ってる映画も直接は映さず、これが心理効果で逆に恐ろしさを増すんだけど、
 同時に、どこまで完成してんだろ? って気にもなってくる。
 そんで、
 効果音を作るのに、野菜を包丁でザクザクって切ったりするんだけど、それがそのまんま桶に溜めてある。
 イメージと云えばそーなんだけど、
 野菜は腐ると、かなり臭いぞ。
 とてもじゃないが、密閉したスタジオに放置できるレベルじゃないし、何より虫がわく。ハエとかな。
 そのへんの描写がまるっと抜けてるのが不自然に感じたし、違和感にもなっている。

 捉え方が難しいっつーかメンドクサイ、作品でした。


 シチュエーションが似ているだけで、シリーズでもないらしい。
 原題は『THE EMPLOYER』。
 つか、今でもこんな邦題の付け方するんだな。

 ストーリーは、
 ある会社の最終試験。部屋に閉じ込められた男女五人に課せられたのは、他の四人を殺して、一人だけ生き残ること…。

 で、
 本当に殺し合いが始まって、生き残ったヤツを採用する気まんまん、なの。
 何の仕掛けもなく、裏もない。も、ビックリ。
 あのさ、
 この採用基準、も、ショッカーでしょ? 完全に悪の軍団の発想でしょ。
 真面目にツッコむのもバカらしいんだけど、
 むしろ、誰も殺さずに突破してくるヤツのが、採用でしょ?
 そ・れ・を・映画にしなさいよ!
 他にも電話の使い方とか、会話のツマラナさとか。
 ナニ、最期のお別れとか話してんの?
 脱出する為に使いなさいよ!
 つか、監禁してるのに、呑気に電話させんなよ! バレちゃうだろ!!
 簡単にもみ消すつもりだろーけど、
 DA・KA・RA、
 そのリスクにどんな意味があるんじゃい、ボケ! と。

 そんな、ライトノベルみたいな映画でしたよ。


ビートルズと私 [DVD]

ポニーキャニオン

undefined


 世界中のビートルズに関わったヒト、関わらなかったヒトたちに、
 ビートルズの記憶を聞いて巡る、だけの、映画。
 ドキュメンタリー。

 こーゆー企画が成立し、尚且つブレないのがビートルズの魅力であり、特別である所以なのだろう。
 さすがにファン以外にはしんどい内容だとおもふが、インタビューはどれも個性的で、興味深かったな。
 アート・ガーファンクルが、
 ジョン・レノンから、
 「こっちのポールから一緒にやらないかって誘われたんだけど、どーおもう?」って相談されたってのが、
 初耳で面白かったな。
 因みに、
 こっちのポールとは、マッカートニーのことで。
 そっちのポールは、サイモンのこと。
 丁度サイモン&ガーファンクルが再結成した頃の話だ。


 演技は棒読みだったけど、エロスシーンは自然で、良かったとおもいますよ。

 板尾さん演じる謎のご主人様も、
 ま、板尾さんのまんまなんだけど、らしいなぁとおもいました。


[PR]
by y.k-ybf | 2014-07-07 11:05 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧