『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』、を、観た。


 毎年恒例となってきた、AKB48の一年の活動をまとめるドキュメンタリー。
 昨年は、
 前作『DOCUMENTARY of AKB48 No flower without rain 少女たちは涙の後に何を見る?』が公開される直前に峯岸みなみの坊主騒動とゆー、
 作中以上にショッキングな事件が起きて、なんとも微妙な消化不良が残った。
 (板野友美の、映画での卒業発表も吹き飛んだし。)
 そっからの一年なので、
 さて、どーくるかとおもっていたら、丸々スルー。
 ま、さすがにな、と。
 だいぶ時間も経ってしまったし、
 今更感もあるからなと、そこは納得できるのだが、
 昨年の総選挙で指原が一位になったのもほぼスルー扱いってのは、如何なものか。
 何より新たな代表曲となった「恋するフォーチュンクッキー」までおざなりになったよーで、少し残念だったな。

 では本作は何がメインかとゆーと、大島優子卒業である。
 だったら、
 指原が大島を抜いて一位になった、からの、新しい展開へ移ったってトコロから始めるべきだったんじゃないかな…、
 ってのは、些細なコトなんかな?
 あのね、板野だけじゃなく、篠田も秋元も河西も卒業してるしね。
 大島優子は別格だって云いたいのかもしれんが、それは前田敦子でやったしな…と。
 大事な部分だけど、
 取り上げるのはそこじゃないよーな気がしたなぁ。
 それと演出の為の音楽が、ちょっとうるさくて邪魔で、冷めた。
 つか、画と音の、バランスの問題かもな。
 どーにも感動的な方向へ誘導されてる気がして、そこで気持ちが止まってしまった。

 と、
 なんか、ぜんぜん褒めてないけど、
 ドキュメンタリー映画としては相変わらずの高水準で、楽しめましたよ。
 繰り返し同じことを云いますが、
 「アイドル」をこーやって楽しめるのって、なかなか無いとおもふので、
 機会があったら、触れてみるがいいですよ。
 AKBに限らず。


 あ、ノコギリ事件も取り上げてたけど、
 んー、ここももっと掘り下げてほしかったかな。

 あと秋元康は、何でもいいから顔出せや。義務だから、義務。


[PR]
by y.k-ybf | 2014-07-10 11:00 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧