『めめめのくらげ』、を、観た。


めめめのくらげ DVD

末岡拓人,浅見姫香,窪田正孝,染谷将太,斉藤工/東宝

undefined


 13年、村上隆初監督の、映画。
 久しぶりの大型新人。勿論、悪い意味での。


 『サマーウォーズ』と『ポケモン』を合わせたよー…なって、それは『デジモン』か。
 デバイスも使うしな。
 『デジモン』に『サマーウォーズ』を注入して実写映画にしたら、まったくベツモノのカンフー宗教映画になった、感じ。
 わたくしも何云ってるのかよくわからんのだが、それほど間違ってはいないはずだ。

 この愉快な映画について、ストーリーに沿って感想でもと試みたが、
 映される画と、
 語られるコトと、
 そこから受け取るモノとが、どれも若干ズレているので、無理と判断しました。無理。
 この作品は基本、実写の映像全てにCGを載せているだけではなく、
 何かしらの加工処理、エフェクトが掛けられているため、
 例えば懐かしい風景や、見覚えがありそーな光景でさえ、
 超現実的とゆーか人工的とゆーか、見えているモノとはベツモノに見えちゃうんだな。
 それ自体は表現なんで悪いわけではないが、
 例えば、
 震災の津波で父親が亡くなるシーンがあるんだけど、
 その津波もCGで、何故かカラフルなゼリー状の物体になっているのは、如何なものか。
 津波らしくないし、周囲もCGで彩られているので、違う意図でもあるのかとおもえば、そんなこともなかったり。
 演出のラインが、じつに掴み難い。

 CGの出来映えに関しては、良く出来ているとおもいます。
 デザインは、ちょっと…イビツかな。
 アメーバと妖怪のラクガキを混ぜたよーな感じで、
 えーと、これも好みなんかなぁ。

 主人公の少年マサシは転校先で、「くらげ坊」と出会う。
 くらげ坊は、とある研究所から逃げ出した「ふれんど」と呼ばれる、
 う~ん、と、
 子供の負の感情をエネルギー源とするデジタルのバケモノみたいなモン。
 スマホみたいなデバイスで、どこでも出し入れできる。
 倒されても死んでも生き返ることができる。デジタルだから。
 (冒頭で、「一匹逃げたぞ!」とか云うんだけど、じゃ、デバイスで戻せばいいのにな。)
 研究所には、年がら年中黒いマントを羽織ったイタい連中がおり、
 大人や学校には内緒でデバイスを子供たちに配り、バトルをさせることで負のエネルギーを集めているのであった!
 なんたる地道な戦略。そして、ちゃんと秘密を守る子供たち。
 コレ、
 普通にオモチャとして販売した方が効果的な気もするが、、、。

 クラスメートと馴染めないマサシはイジメにあう。
 イジメに使われるのもふれんどで、ニンゲンにも直接的なダメージを負わせることができる。
 子供たちがゲームバトルへ夢中になったり、
 執拗で凶暴なイジメをする姿はかなり誇張されており、何かの批判が見え隠れする。
 この、見え隠れする何かは、所々に用意されておりまして、
 震災やら反原発やら、
 メッセージが宗教臭くて鬱陶しいなとおもっていたら、ホントに新興宗教ネタが劇中に出てきた!
 そのまんまかいな。。。
 で、
 この宗教団体が研究所へ押しかけるんですよ。
 「なんや訳の分からないことすんな!」って。 なんて正論!
 つか、
 研究所で黒マントの連中が風水の魔法陣みたいのでモンスター作ってるのを、宗教団体が抗議するって、
 逆じゃないのか、普通? いいのか、そのアングルで。

 ま、そこは些細なトコロとして。
 バトルの大会ってのが、急に告知されます。メールで。
 (確信はないんだけど)どーやら強いヒト限定に告知されたよーで、
 集まったのは、、、子供三人。うち、一人は黒マントにスカウトされた子。
 ぜんぜん人気無いのな、黒マント。
 あんだけデバイスバラまいて、子供二人しか来てくれないの。
 つか、二人でも大会始めちゃうから、驚いたけどな。

 んでこのスカウト的に呼ばれた子ってのがまた、急に登場した孤児院の子で。
 ゲーム機を改造できちゃう才能があって、
 イジメっ子とも知り合いだけど自閉気味でコミュニケーションがとれないとゆー、
 後半にいきなり出すにはチート過ぎるお子さんで、
 しかも、コイツが使うふれんどはモンスターとか妖怪じゃなくて、改造して作ったリアル等身のメイドの女の子。
 いや、エロいメイドの女の子(パンチラ有り)なの。
 世界観台無しっつーか、ルールもメチャクチャ。
 何考えてんだろ、黒マント。いや、村上隆。
 (このメイドの子は、村上隆がアート作品として発表してるナニカですな。)

 んでんでクライマックスは、
 黒マントの連中が集めたエネルギーで作った巨大モンスターとの対決になります。
 黒マントは巨大モンスターを使い、日本を破壊するのが目的だったのです!
 震災で十分破壊されてる気もしますが、それじゃ足りないみたいなのです!!

 えーと、
 それから斉藤工が死んだり死んでなかったりコピーロボットになったり、
 孤児院の子がシステムを短時間で解析する神業を見せたり、
 アレがきっと弱点よっつったらホントに弱点で、あっさり巨大モンスターを倒しての、ハッピーエンド。
 メデタシメデタシ。と。

 ここまでならね、
 このままだったら、まだよくある子供の友情と冒険と、淡い恋の物語だなーっつって納得もできるんだけど、
 この映画は困ったことに、
 精神の歪みっつーか澱むっつーか、何かが宿ってるよーにおもえちゃうんだな。
 先にも云ったけど、隠されたメッセージみたいな。
 なんでそんなことをおもったかってーと、
 ほぼ子供がメインの映画なのに、子供が可愛くない。愛らしくない。
 言い方を変えるなら、魅力的に撮られていない。むしろ怖い。
 ヒロインの子ですら、怖い。
 イジメっ子側の子供らなんか、醜悪の極みみたいな表情をするし。
 こんな愛嬌のない、ぶさいくで憎たらしい顔ばかりの、子供メインのドラマなんて覚えがないわ。

 や、子供ってそーゆーもんだ。
 子供の視線からは、こー見えるんだ。
 そーゆー意図は、わかる。
 だったら、主人公とヒロインぐらいどーにかしろよ、ともおもふが、それはさておき。
 マサシとくらげ坊が出会って、友情を育むってシーンがあるんだけどさ、
 コレ、
 楽しく遊んでるよーに見えないんだよな。
 マサシが蹴ったり叩いたり、木にぶつけたり、くらげ坊を虐待してるよーにしか見えないんだけど?

 これも、子供ってそーゆーもの、なのか。
 イヤ、「子供」の偏った印象を押しつけてるだけじゃないの?

 これは子供の自然な姿なんかじゃなくて、
 子供ってこーゆーもんさってゆー、大人の偏屈なイメージだよ。
 イメージとメッセージとゆー、エゴの押し付け。
 それがこの映画全体に帯びている、気持ち悪さの正体じゃないのかな。

 なので、
 そーゆーカルト映画としては、じつに愉快な作品であります。
 異常なぐらい多用されるスローの演出とか、意図不明な半分田んぼのアングルとか、
 ドラッギーにすらおもふもの。

 しかも!
 この白昼の幻想はまだ終わらない。
 エンドロールの後に、まさかの『めめめのくらげ2』の予告が!!


[PR]
by y.k-ybf | 2014-08-05 17:05 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by y.k-ybf
プロフィールを見る
画像一覧